かんたんダイレクトTOP
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 オンライントレード
あんしん総合TOP
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

あんしん総合サービス 支店担当者からのアドバイスや投資情報の提供を受けながらのお取引や、オンライントレードやコールセンターもご利用いただける統合サービスです。

東海東京ファンドラップ

マイ・プライムセレクションのご案内

東海東京ファンドラップ -マイ・プライム・セレクション-

  • お客様の投資目的に応じて運用コースの決定をした後に、お客様の好みやお考えによって、複数の運用スタイルのうち一つのスタイルをお選び頂きます。
  • スタイルごとに定められた資産配分に応じて、東海東京アセットマネジメントが選定した投資対象投資信託から、銘柄やその投資比率を、お客様が決めることができます。
  • お客様ご自身のお考えも反映させながら、効率的な運用を目指します。
  • 商品概要
  • 特徴
  • あなたが選ぶスタイル一覧
  • 手数料等リスクについて

商品概要

東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクション投資一任契約に係る内容一覧

項目 内容
契約対象者 個人・法人のお客様
契約金額 (当初)1,000万円以上100万円単位
契約期間 当初契約期間は投資一任契約の締結日から決算日まで。
決算日とは
1月、2月、3月運用開始の場合・・・当年12月末日
4月、5月、6月運用開始の場合・・・翌年3月末日
7月、8月、9月運用開始の場合・・・翌年6月末日
10月、11月、12月運用開始の場合・・・翌年9月末日
次年度以降は、契約期間1年間の自動更新となります。
契約締結 「東海東京ファンドラップ投資一任契約」のお申込みは随時可能です。
※クーリングオフは適用されません。
金融商品取引法第37条の6の規定(書面による解除)は、本投資一任契約には適用がありません。
運用開始日 運用開始日の設定は随時可能です。ただし契約締結お申込み日から起算して12営業日目から翌月応当日(休日の場合は翌営業日)までの営業日とします。
※市場の休場、増額に伴うリバランス等の影響により運用開始日に買付できない場合がございます。
入金日 運用開始日の3営業日前までにお取引支店の口座へご入金ください。
なお、入金日までにご入金が確認できない場合、本投資一任契約は終了いたします。
運用コース
(リスク許容度)
お客様の投資に関するリスク許容度に合わせて「安定型」「中立型」「積極型」「エクステンシブ型」の中からいずれかをご選択いただきます。
運用スタイル 「11資産」、「9資産」、「5資産」、「株式資産」、「債券資産」、「国内資産」、「外国資産」、「インカム資産」の中からいずれかをご選択いただきます。
運用商品 東海東京アセットマネジメントにより運用対象商品として選定された投資信託による運用となります。なお、日興MRFでの運用については個人のお客様に限ります。
法人のお客様についてはお預り金となります。
取引形態 買付・・・追加設定
換金・・・解約請求
収益分配金 運用対象となる各投資信託から生じた収益分配金は、東海東京ファンドラップ口座の運用資産となります。出金のお取扱いはできません。
ストップロス 運用資産の損失拡大を防止するため、運用資産の評価額が運用コースごとに定められた下落率に達した場合、自動的に運用を停止し換金するストップロス機能を設定できます。
(安定型15%、中立型25%、積極型35%、エクステンシブ型45%)

※設定したストップロスポイントに抵触した翌営業日に組み入れている投資信託の売却を開始いたします。そのため、売却を行う際の市場動向等により、換金後の資産額がストップロスポイントを下回ることもあります。

変更:
増額(追加入金)
減額(一部解約)
運用資産の「増額(追加入金)」「減額(一部解約)」については、100万円以上1円単位となります。
減額後の運用資産が、1,000万円(時価)を下回る減額はできません。
また減額後の契約金額の下限は100万円とします。
変更:
運用コース・
運用スタイル・
組み入れ銘柄および
組み入れ比率・
ストップロスの設定
「運用コース(リスク許容度)」「運用スタイル」「組み入れ銘柄および組み入れ比率」「ストップロスの設定」は変更できます。
運用資金待機コース 投資一任契約を継続したまま保有している投資信託を一時的に売却することにより相場環境の急変に備えることができます。なお、コース変更のお申込みにより運用を再開することができます。運用資金待機コースを選択中、新たに発生する計算期間においてはファンドラップ手数料、投資顧問報酬ともに徴収いたしません。選択期間は東海東京アセットマネジメントの受付日より最長6ヶ月間とします。再開された場合、残りの計算期間に応じてファンドラップ手数料、投資顧問報酬を徴収いたします。再開手続きをせず、期間経過後は契約終了による解約となります。
全部解約 東海東京アセットマネジメントとの本投資一任契約の全部解約は随時可能です。

※運用資産はすべて換金した後、お客様の通常のお取引口座へ振替を行います。
有価証券による出庫はできません。

定時定額払戻 運用資産から定期的に一定金額を払い戻す設定を新規運用開始の場合、契約金額が2,000万円以上で設定可能です。運用中の場合、申込日の前営業日の運用資産が、2,000万円(契約資産の時価評価額)以上ある場合、1回当たり1万円以上、1万円単位(上限100万円)でご指定できます。払戻月は1・4・7・10月の年4回となり、新規の場合は運用開始日から翌々払戻月の20日(休業日の場合は前営業日)より、運用中の場合は申込書を東海東京アセットマネジメントが受付後、翌々払戻月の20日(休業日の場合は前営業日)より払い戻します。ただし、払戻基準日(3・6・9・12月末日)における契約資産の時価評価額が1,000万円未満となった場合、今回の払い戻しを最後に払い戻しを終了します。また払い戻し後の契約金額の下限は100万円とします。なお、設定解除のお申込みにつきましては、東海東京アセットマネジメントの受付日が払戻基準日までの場合、翌月の払い戻しを行いません。
手数料等 東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクションに係る手数料等は、以下の2つがあります。

・東海東京ファンドラップ手数料
売買・管理等の証券サービスへの対価として東海東京証券へお支払いただく手数料

・投資顧問報酬
投資一任運用サービスへの対価として東海東京アセットマネジメントへお支払いただく報酬

上記手数料等は東海東京ファンドラップ口座の運用資産から所定の方法によりお支払いただきます。東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクションの計算方式は「固定報酬型」のみとなります。
別途、投資信託に係る信託報酬等が信託財産から差引かれます。

長期フィー割引 新規契約の運用開始日から2年経過後の応当日が属する計算期間の翌計算期間から手数料率を30%割引いたします。なお、解約後、再度契約された場合、過去の運用期間との通算はいたしません。

※計算期間とは1月から3月、4月から6月、7月から9月、10月から12月とします。

報告書 東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクションにおける取引について、以下の報告書をご提供いたします。
【東海東京証券】取引報告書、取引残高報告書
【東海東京アセットマネジメント】ファンドラップ四半期運用報告書
特定口座
(個人の方のみ)
「東海東京ファンドラップ口座」は特定口座をご利用いただけます。

特徴

ポートフォリオ決定までの流れ

お客様だけの運用
3つのステップそれぞれでお客様のお考えを反映し、お客様オリジナルのポートフォリオで運用することができます。

  • お客様の投資目的に応じて運用コースの決定をした後に、お客様の好みやお考えによって、複数の運用スタイルのうち一つのスタイルをお選び頂きます。
  • スタイルごとに定められた資産配分に応じて、東海東京アセットマネジメントが選定した投資対象投資信託から、銘柄やその投資比率を、お客様が決めることができます。
  • お客様ご自身のお考えも反映させながら、効率的な運用を目指します。

あなたが選ぶスタイル一覧

  • 4〜11資産(短期金融資産等を含む)に、効率的に分散投資します。
  • 同じコースであれば、異なるスタイルであっても、原則として概ね同じリスク量になるように資産を配分いたします。
  • お客様にご選択いただいた4コース・8スタイルを組み合わせ、お客様のお考えに沿ったポートフォリオを、全27モデルの中からご提案します。

お客様には、ご希望する運用手法に対するいくつかの質問をいたします。
その結果を基にご希望に沿った運用スタイルを判断し、ご提案いたします。

お客様には、お答えいただいたコミュニケーションシートを基に判断した運用コースをご提案いたします。
各コースでは、定められたリスク量の中で、できるだけ高いリターンが期待できるよう資産を配分し、運用いたします。

上記は、運用スタイルが11資産の場合の組み入れ資産の比率のイメージです。各スタイルで組み入れ資産が異なるためポートフォリオは異なりますが、同じコースであれば、原則として概ね同じリスクとなるように資産を配分いたします。また、各コースの想定リスク・期待リターンについて相対的な位置関係を示したものであり、実際のものとは異なります。そのため、将来の運用成果の相対的な位置関係が上記のとおりとなることを示唆・保証するものではありません。


同じコースであれば、異なるスタイルであっても、原則として概ね同じリスク量になるように、資産を配分いたしますが、市場環境によっては、特に特定の資産内で分散させるスタイルの場合、他のスタイルのポートフォリオと概ね同じリスク量にならない場合がございます。

各スタイルの特徴

安定型 中立型 積極型 エクステンシブ型 組み入れ資産 内容
①11資産
(安定型、中立型、
積極型、
エクステンシブ型)
国内株式
外国株式
エマージング株式
国内債券
外国債券
ハイイールド債券等
Jリート
Wリート
コモディティ
ヘッジファンド
短期金融資産
最も資産分散の度合いが高いスタイルです。
資産の種類(資産分散)はもちろん、国や地域など(地域分散)にも分散を行っています。
為替に関しては、円高・円安の影響を受けます。
株式・債券を組み合わせた運用です。内外各国の経済成長や金利動向などの影響を受けるほか、内外不動産市況やコモディティ市況、ヘッジファンド等の影響がございます。
ファンドラップの特徴である分散投資の効果が最も期待されるスタイルです。
②9資産
(安定型、中立型、
積極型、
エクステンシブ型)
国内株式
外国株式
国内債券
外国債券
Jリート
Wリート
コモディティ
ヘッジファンド
短期金融資産
「11資産」のスタイルから、エマージング株式・ハイイールド債券等を除いた、資産分散の度合いの高いスタイルです。
海外でも、新興国やエマージング地域になじみのない方、興味のない方向きです。
株式・債券いずれも海外先進国への投資は行いますので、国内資産だけでの運用ではご満足いただけない方向けです。
資産分散の度合いが「11資産」のスタイルの次に高いスタイルとなります。
③5資産
(安定型、中立型、
積極型、
エクステンシブ型)
国内株式
外国株式
国内債券
外国債券
短期金融資産
株式・債券、国内・海外の組み合わせによる4つの資産に短期金融資産等を加え、シンプルに資産を分散させたスタイルです。
外国株式・外国債券では、新興国やエマージング地域の投資は含みません。
株式・債券を組み合わせた運用です。内外各国の経済成長や金利動向などの影響のほか、為替に関して円高・円安の影響も受けます。
④株式資産
(エクステンシブ型)
× × ×
国内株式
外国株式
エマージング株式
短期金融資産
新興国・地域を含む外国株式と国内株式での積極的な運用です。
外国株式への投資を含みますので、為替に関して円高・円安の影響も受けます。
主に各国の経済成長、企業成長の影響により収益が変動します。
特に、株式投資へのご意向をお持ちのお客様向けのスタイルです。
⑤債券資産
(中立型、積極型)
× ×
国内債券
外国債券
ハイイールド債券等
短期金融資産
新興国・地域を含む外国債券と国内債券での運用です。
外国債券への投資を含み、為替に関して円高・円安の影響も受けます。
主に各国の金融政策、長短金利の影響により収益が変動します。
特に、債券投資へのご意向をお持ちのお客様向けのスタイルです。
⑥国内資産
(安定型、中立型、
積極型、
エクステンシブ型)
国内株式
国内債券
Jリート
短期金融資産
外国資産は含みませんので、円高・円安の影響を直接受けることのないスタイルです。
株式・債券・Jリートを含み、国内資産での分散を意識しています。
株式・債券を組み合わせており、日本の経済成長や金利動向などの影響を受けます。
⑦外国資産
(安定型、中立型、
積極型、
エクステンシブ型)
外国株式
エマージング株式
外国債券
ハイイールド債券等
Wリート
短期金融資産
外国資産を含み、為替に関して円高・円安の影響を直接受けるスタイルです。
株式・債券・Wリートを含むことで資産分散を図ります。また、新興国・地域といった地域分散も意識しています。
株式・債券の組み合わせにより、日本以外の諸国・諸地域の経済成長や金利動向などの影響を受けます。
⑧インカム資産
(安定型、中立型、
積極型、
エクステンシブ型)
国内債券
外国債券
ハイイールド債券等
Jリート
Wリート
短期金融資産
金利や利息、分配金などのインカムが得られる債券、リートに分散を行うスタイルです。
株式を含まない「債券資産」に、内外リートを追加しています。
外国債券・ハイイールド債券等への投資を含み、為替に関して円高・円安の影響も受けます。
主に各国の金融政策、長短金利の影響、さらに内外不動産市況などにより収益が変動します。

手数料等 リスクについて

手数料等

東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクションに関してお客様にご負担いただく手数料等には「東海東京ファンドラップ手数料」(以下ファンドラップ手数料)と「投資顧問報酬」があります。これらは定期的に東海東京ファンドラップ口座の運用資産からお支払いただきます。

手数料は固定報酬型となります。運用資産の時価評価額×下記料率(最大1.65%(年率・税込))

■ ファンドラップ手数料=売買・管理など、東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクションに係る証券業務への対価として東海東京証券へお支払いただく手数料
時価評価額に対して年率0.660%(税込)を上限としてお支払いただきます。

■ 投資顧問報酬=投資一任契約に基づく一任運用サービスへの対価として東海東京アセットマネジメントへお支払いただく報酬
運用資産の時価評価額に対して、年率0.990%(税込)を上限としてお支払いただきます。

※東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクションの運用は、投資信託等で行うため、組み入れた投資信託によっては、信託報酬(最大2.068%(年率・税込))のほか、選定先運用会社への報酬(平均で年率1.0%程度)がかかる場合や、信託期間の途中で売買する場合に発生する信託財産留保額(最大0.5%)をご負担いただく場合があります。

※また、監査費用、有価証券等の売買に係る手数料等、その他のファンドの運営・管理に関する費用・手数料等をご負担いただく場合がございますが、これらの費用・手数料等は、事前に計算が出来ないため、その総額・計算方法を記載しておりません。当該手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することはできません。なお、実際の取引にあたっては、必ず、契約締結前交付書面をよくお読み下さい。また、各投資信託の内容やそれに係るリスク、その他留意事項等については、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)でご確認ください。

※一部解約または全部解約の場合、ファンドラップ手数料及び投資顧問報酬はお返しいたしません。

固定報酬型の固定報酬計算料率(年率、消費税込み)

計算評価額 ファンドラップ手数料 投資顧問報酬 合計 ファンドラップ手数料 投資顧問報酬 合計
当初2年
(長期フィー割引前)
2年経過後
(長期フィー割引後)
〜5千万円までの部分 0.6600% 0.9900% 1.6500% 0.4620% 0.6930% 1.1550%
5千万円超〜1億円までの部分 0.5500% 0.8250% 1.3750% 0.3850% 0.5775% 0.9625%
1億円超〜3億円までの部分 0.4400% 0.6600% 1.1000% 0.3080% 0.4620% 0.7700%
3億円超の部分 0.3300% 0.4950% 0.8250% 0.2310% 0.3465% 0.5775%

長期フィー割引(イメージ図)

新規契約の運用開始日から2年経過後の応当日が属する計算期間の翌計算期間から手数料等を30%割引いたします。なお、解約後、再契約された場合、過去の運用期間との通算はいたしません。
計算期間とは1月〜3月、4月〜6月、7月〜9月、10月〜12月とします。

長期フィー割引(イメージ図)

東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクションのリスクについて

東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクションは投資信託への投資を通じて運用を行います。

・お客様の投資元本は保証されているものではなく、投資元本を割込むことがあります。
また、運用における損益はすべてお客様に帰属します。

・東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクションにおける相場その他の変動により損失が生じる可能性(以下「リスク」といいます。)は以下のとおりです。

1. 投資する金融商品の各々のリスクについて

■投資対象とする投資信託について
投資信託の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品等(以下「裏付け資産」といいます。)の価格や評価額または参照指数の変動に伴い、その投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。

(1)外貨建ての裏付け資産を組み入れる場合は、これらに加え、外国為替の変動により、その投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。

(2)投資信託が海外の資産を裏付け資産とする場合は、各投資対象国・地域の政治・経済、金融市場、社会制度、対外関係等の変化により、資産価格の変動や為替変動に伴い、投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。

(3)裏付け資産の発行者の倒産や財産の状況の悪化等およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。

(4)お客様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割込むことがあります。

※各投資信託の内容やそれに係るリスク、その他留意事項等については、各投資信託の投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)でご確認下さい。

2. 投資一任契約におけるしくみとして有するリスクについて

(1)資産配分について
投資一任契約においては、資産配分を行っております。資産配分の巧拙により、契約資産の評価額が下落し、損失を被ることがあります。

(2)銘柄選択について
投資一任契約においては、資産配分に沿った銘柄を選択することになりますが、その巧拙で契約資産の評価額が下落し、損失を被ることがあります。

[契約締結にあたっては東海東京ファンドラップ マイ・プライムセレクションに係る契約締結前交付書面を必ずご確認ください]

【契約締結に係る業務委託について】

東海東京アセットマネジメントは、東海東京ファンドラップ投資一任契約の締結に係る代理業務を、東海東京証券株式会社に委託しております。これにより、東海東京証券株式会社は、当該契約に係る締結の勧誘、内容の説明、契約締結前交付書面の説明と交付等について、東海東京アセットマネジメントの代理人として、委託業務を行うことができます。以下は、東海東京証券、及び東海東京アセットマネジメントの概要です。

【東海東京証券の概要】

商号等東海東京証券株式会社 金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第140号

本店所在地〒450-6212 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目7番1号

加入協会日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

連絡先お取引のある本支店等又はカスタマーサポートセンター(0120-746-104)


【東海東京アセットマネジメントの概要】

商号等東海東京アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1384号

本店所在地〒104-0033 東京都中央区新川一丁目17番21号

加入協会一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 投資信託協会