東海東京フィナンシャルギャラリー

投資情報を視覚的に体感できる施設、「東海東京フィナンシャルギャラリー」。
デジタルサイネージやタブレットから最新の投資情報を得られるだけでなく、東海東京フィナンシャルギャラリー限定の無料投資セミナーも常時開催。投資が初心者の方でもお気軽にご覧いただけます。

名古屋 サカエチカ
東京 日本橋

「東海東京フィナンシャルギャラリー・サカエチカ」のご紹介

デジタルサイネージやタブレット、
無料投資セミナーなど最新の投資情報が体験できる

東海東京フィナンシャルギャラリー・
サカエチカ
東海東京フィナンシャルギャラリー・サカエチカ
東海東京フィナンシャルギャラリー・サカエチカ

ギャラリー内イメージCG

 

アクセス

施設名
東海東京フィナンシャルギャラリー・サカエチカ
場所
愛知県名古屋市中区栄3-4-6先 サカエチカ
営業時間
10:00〜20:00(土日祝日営業)
サカエチカ フロアマップ
地図を拡大する

[無料セミナー] 東海東京フィナンシャルギャラリー・サカエチカ

毎週土曜・日曜に資産運用にお役立ていただけるセミナーや、暮らしを豊かにするイベントを開催しております。
お取引のないお客様も大歓迎!事前予約不要でご参加いただけます。
お席の用意は30分前からですが、満席になった場合は立ち見となり、さらに来場者が多数の場合、入場を制限させていただくことがございますので、ご了承願います。

[定員:各15名]

日時 講師 セミナー内容

1/14

(土曜日)
14:00〜15:00

マニュライフ・アセット・マネジメント
ディレクター
井口 健一郎氏

トランプ政権後の米国経済〜投資妙味増す米国銀行株〜

トランプ大統領の基本スタンスは、①国内経済優先②利上げ指向③金融の規制緩和。つまり優位な業界が銀行業、中でもグローバルな総合銀行より国内需要に軸足を置く地方銀行の収益拡大が期待されます。今回は米国地方銀行に焦点を当てた米国銀行株式ファンドをご紹介します。

1/21

(土曜日)
14:00〜15:00

東海東京調査センター
市場調査部
マーケットアナリスト
仙石 誠氏

どうなる日本株!?
〜需給環境から予想する今後の日本株式市場〜

米国大統領選挙後に上昇基調がようやく鮮明となってきた日本株式市場。今後も上昇が継続するのかどうかについて需給分析を基に紐解いていきます。海外投資家の動向や日銀のETF買い等を踏まえて、今後の日本株の推移や物色動向をお伝えします。

1/28

(土曜日)
14:00〜15:00

東海東京証券
欧米株式営業推進部長
櫻井 雄二

当面の米国株式について
〜トランプ政権下での見方と注目銘柄〜

世界中に激震が走った新大統領の誕生。トランプ大統領はキングになるのか? それともジョーカーになるのか? 米国株を15年に渡って見続けてきた講師が、新しい世界の潮流とこれからの注目銘柄をご紹介します。

2/5

(日曜日)
14:00〜15:00

フィデリティ投信
投信営業推進部
シニア・マネージャー
小波 憲司氏

フィデリティが考える2017年の日本株の見通し

米国大統領選挙後、上昇基調にある日本株式市場ですが、果たして2017年はどうなるのか!? 1969年に外資系資産運用会社として初めて日本に進出し、日本株の運用、調査を行ってきたフィデリティが注目しているポイントについて、わかりやすくご紹介します。

2/12

(日曜日)
14:00〜15:00

大和住銀投信投資顧問
投信サービス部
シニア・ファンドアドバイザー
國枝 眞一郎氏

トランプ政権誕生で注目される米国エネルギー産業

地下に眠る硬く薄片状に剥れやすい頁岩(シェール)の隙間から採掘される天然ガスを「シェールガス」、原油を「シェールオイル」といいます。化石燃料の開発推進を掲げるトランプ政権発足により注目が高まる『北米シェール関連株ファンド』をご紹介します。

2/18

(土曜日)
14:00〜15:00

東海東京証券
投資情報部
石原 謙祐

株式市況動向と注目銘柄

ディーラー、ファンドマネージャーとマーケットの第一線に携わってきた講師が、今後の株式市況動向について、ファンダメンタルズおよび需給、テクニカルの面から解説いたします。また、有望銘柄についてもご紹介します。

2/25

(土曜日)
14:00〜15:00

東海東京証券
欧米株式営業推進部
花木 麻有

2017年の米国株式投資戦略

昨年末の利上げ、1月の新大統領就任によって米国経済はどのように動いたか?その分析と企業決算の結果を踏まえ、年初のアメリカのマーケット状況について解説します。また、2017年の有望な投資テーマに基づいた個別銘柄についてもご紹介します。

ご留意事項

個別企業IRセミナーにつきましては、東海東京証券が当該銘柄を推奨する目的ではなく、あくまでも当該会社の主催によって会社の概要を説明する目的で開催しております。また、当該銘柄を当社自己勘定で保有している場合もありますが、個別企業IRセミナーとは完全に分離運営されておりますので、ご了承ください。個別企業IRセミナー以外では、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがありますので、ご留意ください。
金融商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料等(国内現物株式取引の場合は約定代金に対して上限1.242%(税込)(ただし、最低手数料2,700円(税込)、同取引がかんたんダイレクトサービスのオンライントレードの場合は約定代金に対して上限0.3726%(税込)(ただし、最低手数料1,620円(税込)、コールセンター取引の場合は約定代金に対して上限0.8694%(税込)(ただし、最低手数料2,430円(税込))))の委託手数料、信用取引の場合は約定代金に対して上限1.242%(税込)(ただし、最低手数料2,700円(税込)、同取引がかんたんダイレクトサービスの場合は約定代金に対して一律599円(税込))の委託手数料、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料及び信託報酬等の諸経費、等)をご負担いただく場合があります。債券や仕組債等を募集、売出し又は相対取引により購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます。
外国株式等の取引には、委託取引の場合は約定代金に対して上限1.404%(税込)の委託手数料及びその他現地手数料等、国内店頭取引の場合は所定の手数料相当額等をご負担いただく場合があります。東海東京ファンドラップ(東海東京証券は、東海東京アセットマネジメントの委託を受けて、「東海東京ファンドラップ投資一任契約」の締結に係る代理業務を行っております)では投資顧問報酬、取引の執行に係る証券会社手数料および専用投資信託にかかわる運用管理費用(信託報酬)等の諸経費、をご負担いただく場合があります。年金保険・終身保険は、各商品ごとに所定の費用等(契約時にご負担いただく費用、運用期間中にご負担いただく費用等の合計額)がかかります。金融商品等には株式相場、金利水準、為替変動、発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。
手数料等およびリスクは、金融商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。


投資情報を視覚的に体感できる最新施設「東海東京フィナンシャルギャラリー・日本橋」

デジタルサイネージ
デジタルサイネージ

大型デジタルサイネージを導入。最新のマーケット情報等を体感できます。

東海東京TV
東海東京TV

アナリストによる動画解説コンテンツ「東海東京TV」の視聴ができます。

タブレット
タブレット

タブレットで、マーケット情報などを無料でご覧いただけます。

シミュレーションツール
シミュレーションツール

生涯収支を通じた家計簿の収支をシミュレーションすることができます。

 

アクセス

施設名
東海東京フィナンシャルギャラリー・日本橋
場所
東京都中央区日本橋三丁目6番2号
営業時間
9:00〜16:00(土日祝日休み)

広域地図(Googleマップ)

ご予約・お問い合わせ
カスタマーサポートセンター
0120-746-104
[受付時間]
平日8:00〜18:00、土曜日9:00〜15:00
※日曜・祝日・年末年始休み

ページトップへ戻る