かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

預金ファシリティー金利(よきんふぁしりてぃーきんり)

預金ファシリティー金利とは、ユーロ圏の民間銀行資金が一時的に過剰となった際、それを中央銀行に預け入れる際の利子のことです。預金ファシリティー金利の金利水準は、欧州中央銀行(ECB)によって決定されます。日本では同種の金利を「付利」と呼んでいます。付利を変動させることは、中央銀行の金融政策の一つとなり得ます。その理由は、民間銀行の貸出金利との関係により付利の水準が貸出金利の実質的な下限として機能するためです。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング