かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

信託財産留保額(しんたくざいさんりゅうほがく)

投資信託を解約する際に受益者(投資信託を購入した人)が負担し、信託財産に留保される金額のこと。信託財産留保額は商品ごとに定められていて、ないものもある。解約による基準価額への影響を補う目的で解約する受益者に負担してもらうコスト。投資信託を解約した受益者は、信託財産留保額が解約資金から差し引かれる。信託財産留保額は、解約にあたって発生する有価証券の売却コストを、解約を申し出た受益者本人に負担してもらうために設けられている制度です。投資信託を通じて売買される資産の売買コストは、基本的に信託財産から支弁されています。理屈的には、投資信託を解約した人が、組入資産の売却コストを負担すべきところですが、現在の仕組みでは、投資信託に残っている人が負担する形になります。その不公平感を払拭するために信託財産留保額が設けられています。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 冬のサンクスキャンペーン
  • 12月・1月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング