かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

ドルコスト平均法(ドルコストへいきんほう)

株式など一定の証券を定期的に一定金額で継続的に買い付ける投資手法のこと。例えば株式の場合、株価が高いときは購入株式数が少なくなり、株価が安いときは購入株式数が多くなる。よって、平均購入コストの低下が期待できる。また、時間的に分散投資されることから、リスクを軽減することができる。投資信託の積み立てを始めた。ドルコスト平均法で毎月1万円ずつ日本株投信を買うことにしたが、2万円に増やそうと思っている。ドルコスト平均法は定額買い付け法とも呼ばれます。相場水準によらず一定額を機械的に買うので、最高値で大量の買いを入れてしまうリスクを回避できるとともに、安いときほど株式や投信を多く買えるため、平均購入単価を抑えることができます。毎月買うルールを設けて長期間にわたって買い続けることで、投資額を多くできる利点があります。投資信託の積み立てなど長期投資に向いた手法といえるでしょう。銀行口座から投資の購入代金を自動引き落としするサービスも広がっており、長続きできる蓄財法です。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング