かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

合併比率(がっぺいひりつ)

合併を行う際、被合併会社の株主に対し、持ち株数に応じて、何株割り当てられるかを示す比率のこと。C社とD社は、来年1月に合併すると発表した。合併比率はC社1に対しD社0.25で、C社を存続会社としてD社は解散する。企業同士が合併をする場合、存続会社は、解散会社から引き継いだ資産の対価として、解散会社の株主に対し新株を発行します。解散会社の旧株式1株に対して割り当てられる存続会社新株の比率が合併比率です。仮に、存続会社:解散会社=1:0.5で合併する場合、解散会社1000株に対し、存続会社500株が割り当てられます。合併比率は、存続会社と解散会社の株式評価に基づいて算出されます。なお、新株式交付に加えて現金での調整が行なわれる場合があり、この現金を「合併交付金」といいます。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング