かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

株式持ち合い(かぶしきもちあい)

事業会社と取引企業やメインバンクが、株式を互いに保有し合うこと。大量に株式を保有し合うことで証券市場を通じた企業買収からの防衛、両者間の長期的・安定的な取引、互いに経営をチェックする企業統治などのメリットがある。ただし、バブル崩壊以降は株式持ち合い会社間の閉鎖性・不透明性の問題や、株価下落による保有株式の含み損の増大などから、持ち合いされていた株式の売却(持ち合い解消売り)が進んだ。株式持ち合い解消売りという日本株市場の構造的な売り圧迫要因がようやくなくなり、需給関係の改善で日本株の再上昇への期待が集まる。「株式持ち合い」として知られていたのが、銀行を中心とした巨大企業グループです。グループ内で企業同士が株式を相互に保有、銀行は株式保有に加えて融資と役員派遣を通じ、グループの結束を強めていました。しかし、バブル崩壊後は、銀行保有株制限もあり、持ち合いの解消が急速に進みグループは解体・再編されました。ただし2000年代半ばからは、株式持ち合いが復活する動きも一部にみられました。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング