かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

基準割引率および基準貸付利率(きじゅんわりびきりつおよびきじゅんかしつけりつ)

中央銀行(日本では日本銀行)が民間金融機関に貸し出しを行なう際に適用する基準金利のこと。2006年以降、公定歩合という名称はなくなり、「基準割引率および基準貸付利率」と称されるようになった。日本銀行が金融機関に直接資金を貸し出すときの基準金利であり、従来は公定歩合と呼んだものです。かつて公定歩合は政策金利の根幹に当たる最重要な金利でしたが、今は完全に金利の自由化が行なわれていることに加え、1999年から行なわれたゼロ金利政策によって、実質的に政策金利としての意味合いがなくなりました。結果、現在では政策金利は「無担保コール翌日物金利」がその役割を担っています。政策金利はすべての市場関係者がその動向を注視していますが、昨今では日銀の買い入れにより無担保コール翌日物がマイナス金利になった他1年物短期国債までもマイナス金利になっており、金利水準というものが持つ意味合い自体が、大きく変わってきています。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 冬のサンクスキャンペーン
  • 12月・1月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング