かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

下げ渋る(さげしぶる)

下げ基調にあった相場が、行き過ぎた懸念や時間の経過などから下げにくくなる状態のこと。業績に対する懸念からA社の株式には売りがかさみ、株価は大きく下落していたが、徐々に売り材料が出つくしになり、株価は下げ渋ってきた。下げ局面はつい悲観的になりがちですが、永遠に下がり続ける株価はありません。倒産しない限り、どこかの段階で株価は徐々に下げ渋り、大底を打ちます。そして、大底を打った時点の株価が、本来、その企業が持っている価値から見て割安の水準になっていた場合は買い戻しが入り、ある程度の水準まで戻します。したがって株価が大きく下げている銘柄に関しては、下げの要因が企業の存続に関わる問題なのかどうかを見極めるとともに、あくまでも一時的な要因で下げている場合は、底値を拾いに行くという戦略も有効です。ただし、どこが株価の大底になるのかは、プロの投資家でも分かりづらいことなので、数回に分けて投資するというのも、有効な手だての1つです。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング