かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

EPS(Earning Per Share)

1株当たり利益1株当たり最終的にいくら利益があったかを表す。EPS(1株当たり利益)=当期純利益÷発行済み株式数業績の上方修正により予想EPSが前期比50%増と大幅に拡大することが見込まれているにもかかわらず、株価はまだ低水準のままとなっている。EPS(1株当たり利益)は、当期純利益を発行済み株式数で割って算出されます。会社の株価の割高・割安を判断するPER(株価収益率)の計算に使われ、現在や将来の株価が割高か割安かを判断する際の重要な指標となります。当期純利益が年々増えていけば(発行済み株式数が不変として)EPSは上昇、逆に利益が減少傾向にあれば低下し、株価に影響を与えることもあります。したがって、前期より今期、今期より来期とEPSの増加が見込める銘柄をいかに探すかがポイントとなります。ただし、決算期によって最終利益には特別利益を含む場合もありますので、このような一時的な要因を除外し、実質的にEPSが増えていることが重要となります。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング