かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

TOPIX(Tokyo Stock Price Index)

東証株価指数株式市場の動向を表す指標の1つ。TOPIXは東京証券取引所(東証)が発表するもので、東証第1部に上場されている全銘柄の時価総額(株価×発行済み株式数)を指数にしたもの。225銘柄の動向を表す日経平均株価よりも、株式市場全体の動きが把握しやすい。ただし、時価総額が大きい大型株の動向に影響されやすい面もある。TOPIX=現在の時価総額÷基準時時価総額×100G20首脳会議で大手金融機関に対する資本規制強化策が先送りされたことを受け、メガバンク株が軒並み3%超上昇。時価総額への影響度が高い銀行株の上昇で、TOPIXは日経平均に比べ大きく上昇することになった。TOPIXは、日経平均株価とともに日本の株式会社の株価の値動きを示す代表的な株価指数です。TOPIXは東京証券取引所が、日経平均は日本経済新聞社が算出し公表しています。TOPIXと日経平均の違いは、算出の対象範囲(TOPIX=東証1部約1800銘柄、日経平均=225銘柄)と計算方法(TOPIX=時価総額の加重平均、日経平均=株価の単純平均)で、TOPIXは時価総額が大きい大型株、日経平均は値嵩(ねがさ)株の影響を受けやすいといえます。参考までですが、値嵩(ねがさ)株の影響を大きく受ける日経平均が市場全体の値動きから乖離する場合もあり、市場関係者は、日経平均をTOPIXで割って算出する指標=NT倍率の推移で、株式市場全体の動向を把握しています。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング