かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

バリュー株(バリューかぶ)

本来の価値から見て割安な株式のこと。株価判断のモノサシとして、PER、PBR、ROEがある。A社株は軟調に推移しているが、PBR、PERや配当利回りで見ても割安感が強いのでバリュー株といえよう。いずれ評価され、水準を切り上げるだろう。株価が企業価値を下回っていると考えられる株式を買う投資手法をバリュー株投資といいます。割安さの判定にはPER(株価収益率)が多用されます。株価が1株当たり利益の何倍かを示すものです。A社の株価が1株利益の5倍、B社が20倍なら、A社が割安というわけです。また、配当利回りも単純なだけに説得力ある指標として支持されています。配当利回りがA社株が1%、B社株が3%ならB社株に軍配が上がります。PBR(株価純資産倍率)も代表的な指標です。企業の解散価値を示し、1倍割れは割安といえます。バリュー株の反対語はグロース(Growth、成長)株で、グロース株投資では企業の成長性を吟味して銘柄を選別します。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング