かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

反対売買(はんたいばいばい)

信用取引や先物取引において、買った銘柄、あるいは売った銘柄は、期日までに必ず決済しなければならない。「反対売買」は、買った銘柄を売る、あるいは売った銘柄を買うこと。株価急騰からほぼ6カ月が経過しようとしている。信用取引で買った投資家が一斉に反対売買の売りに動き、一時的に株価が下落しそうだ。現物株なら買ってから何年でも持っていられます。しかし、信用取引や先物取引には最終決済期日があります(期日なしの信用取引もあります)。例えば信用取引なら最終決済日は売買成立から6カ月後が主流で、絶対期日とも呼ばれます。信用取引の買いでは証券会社から資金を借りて株を買うことになります。このため、期日までに売り注文を出して「買い」の状態を解消し、金銭の貸し借りを清算する必要があります。信用取引で売った銘柄の反対売買は買い戻しです。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング