かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

運用管理費用(うんようかんりひよう)

投資信託の運用・管理および受益者(投資信託を購入した人)へのサービスのため、信託財産の中から投資信託会社(委託者)、信託銀行(受託者)、販売会社に対して支払われる費用のこと。つまり、投資家は信託報酬を負担している。投資信託のコストで大きな負担を強いられるものとしては、運用管理費用とその他の費用・手数料になる。運用管理費用は投資信託会社、受託銀行、そして販売金融機関の三者によって分けられます。信託財産に対して一定率の運用管理費用が日々、信託財産中から差し引かれていきます。もう1つの大きなコストである購入手数料は、投資信託を購入する時のみかかるものなので、投資信託を長期保有することによって、1年当たりのコスト負担率を下げることができます。しかし、運用管理費用の場合、日々、信託財産から支弁されていくものなので、保有期間を長期化しても、1年当たりのコスト負担が軽減されることはありません。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング