かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

優先株式(ゆうせんかぶしき)

普通株式に比べて配当を優先的に受けたり、企業が解散した際に残った財産を優先的に受ける権利がある株式のこと。A社は、総額500億円の優先株式を発行して資金繰り不安は解消。腰を据えて経営再建に取り組むことができる。普通株式に対し、何らかの優先条項が付いている株式を一般に優先株式と呼びます。配当が多かったり、企業の解散時に残余財産を受け取る順位が高かったりしますが、その代わりに議決権や譲渡に制約があったりします。企業にとっては普通株に加えて優先株を発行することで、資金調達ルートが多様化し、資金繰りが安定する利点があります。ただ、配当が高すぎると、資金を外部に流出させることにもなります。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 冬のサンクスキャンペーン
  • 12月・1月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
  • 円建社債退職金特別プラン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング