かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

グローバル・ナビゲーター(限定追加型) 愛称:ボン・ボヤージュ

グローバル・ナビゲーター(限定追加型) 愛称:ボン・ボヤージュ 運用会社:新生インベストメント・マネジメント株式会社

平成28年2月29日で継続申し込みは終了となりました

ファンドの特色

特色1

世界の代表的な資産(株式・債券・コモディティ)への分散投資効果を享受します。

当ファンドは、主にリクソー投信株式会社が運用を行う「リクソーARMAジャパン・マスター・ファンド(適格機関投資家向け私募)」(以下「投資先ファンド」といいます。)に投資を行います。

実質的な運用は、先進国および新興国の株式、債券(国債、ハイイールド債券等)、コモディティにかかる上場先物取引や上場投資信託(ETF)を活用します。

*リクソー投信株式会社は、フランスに本拠を置くソシエテ ジェネラル銀行を中核とするソシエテ ジェネラル・グループ傘下の投信・投資顧問会社です。

特色2

安定的なパフォーマンスをめざし、資産配分の調整を機動的に行います。

実質的な運用は、リクソー・アセット・マネジメント・エス・エイが行います。

当ファンドは、投資先ファンドを通じ、資産配分とリスクコントロールを組み合わせた、リクソー・アセット・マネジメントにより開発されたARMA戦略を用いて、資産全体の価格変動を一定の水準に抑制しながら、景気サイクルのいずれの局面においても収益機会を捕捉するよう、機動的な資産配分の調整を行います。

このページのトップへ

ファンドの仕組み

当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズです。原則として、投資先ファンドの組入比率を高位に保ちます。

ファンドの仕組みイメージ図
このページのトップへ

資産配分はリスク量で決定

【投資金額を均等にした場合】

例えば株式や債券のように値動きの異なるふたつの資産を等金額保有した場合、リスク(価格変動リスク:ボラティリティ)が特定の資産に偏ります。

【リスク量を均等にした場合】

一方、リスク量を均等に配分した場合、相対的に値動きの大きい株式の投資比率が低くなり、値動きの小さな債券の投資比率が大きくなります。

このように、当戦略では、リスク量を基に各資産の投資配分を決定することで、ポートフォリオ全体の価格変動リスクを抑え、安定的なパフォーマンスの実現をめざします。

投資比率イメージ図

上記図は、各資産のリスクの大きさと投資比率のイメージを示した一例であり、実際の配分比率とは異なります。

このページのトップへ

投資する資産の配分を機動的に変更

一般的に、投資環境が異なると各資産の収益機会も格差が生じると考えられます。たとえば、景気減速局面では債券が相対的に良いパフォーマンスを見せ、景気回復局面では株式が良いパフォーマンスを見せる傾向にあります。

投資先ファンドでは、世界の代表的な資産に分散投資を行い、資産全体の価格変動を一定の水準に抑制します。加えて、投資環境に応じて資産配分を機動的に変更することでパフォーマンスの安定化を図ります。

【景気循環と資産配分のイメージ図】

上記図は、景気循環と各資産の配分比率の変更のイメージを示した一例であり、実際の配分比率とは異なります。

このページのトップへ