かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

スパークス・プレミアム・日本超小型株式ファンド 愛称:価値発掘

スパークス・プレミアム・日本超小型株式ファンド 愛称:価値発掘 運用会社:スパークス・アセット・マネジメント株式会社
Morningstar Award “Fund of the Year 2016”

Morningstar Award “Fund of the Year 2016”
国内株式中小型 部門 最優秀ファンド賞

Morningstar Award“Fund of the Year 2016”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。当賞は、国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、各部門において総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。

ファンドの特色

特色1

日本の上場株式のうち、マイクロ・キャップ銘柄(以下、「超小型株式」といいます。)を中心に投資いたします。

日本の金融商品取引所に上場(これに準じるものを含みます)している株式のうち、時価総額において下位2%以下に属している銘柄を中心に投資し、値上がり益の獲得を目指します。

超小型株式は、銘柄数が豊富で、割安な銘柄も多く、多数の投資機会が存在しています。

特色2

スパークスの徹底したボトムアップ・リサーチで銘柄を選別いたします。

スパークスでは、1989年創業以来、中小型株式の調査を行っており、豊富な経験と情報を有しています。

スパークスでは、企業の価値は、経営者に依存する部分が大きく、経営者との面談を通じたボトムアップ・リサーチが有効と考えます。

特色3

信託財産の運用成果の評価に際して、MSCI Japan Micro Cap指数(配当込み)(以下、「参考指数」といいます。)を参考とします。

ただし、参考指数への追従を意図した運用を行いません。

※MSCI Japan Micro Cap指数(配当込み)は、MSCI Inc.が開発した株価指数です。また、MSCI Japan Micro Cap指数に関する著作権、知的財産権その他一切の権利は、MSCI Inc.に帰属します。

このページのトップへ

超小型投資戦略の投資ユニバース

日本株式市場の規模別時価総額と銘柄数

超小型株式は、銘柄数が豊富で、割安な銘柄も多く、多数の投資機会が存在しています。

大型株(時価総額の上位70%以上)

中型株(時価総額の下位30%〜15%)

小型株(時価総額の下位15%〜2%)

超小型株(時価総額の下位2%以下)

※上記はスパークス・アセット・マネジメントの定義

出所:スパークス・アセット・マネジメント(2016年8月末日現在)

このページのトップへ

なぜ、超小型株式なのか

1. 景気回復局面での株価上昇率が高い

・景気回復局面での利益成長率が高く、相対的に好パフォーマンスになる傾向がある。

2. 割安な株価水準、高配当

・企業規模(時価総額)が小さいため、投資家に見過ごされがちであり、株価評価(バリュエーション)は、割安に放置されている傾向がある。また、高配当利回りの企業も多い。

3. 隠れた高い技術や新サービス

・まだ、知られていないニッチ分野における高い技術や先見性のある新しいサービスなど、これから高く評価される可能性のあるビジネスモデルが存在する。

このページのトップへ