かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

グローバル・フィンテック株式ファンド

グローバル・フィンテック株式ファンド 運用会社:日興アセットマネジメント株式会社

ファンドの特色

特色1

世界の株式の中から主にフィンテック関連企業の株式などに投資します。

今後の成長が期待されるフィンテック関連企業の株式(預託証券を含みます。)を中心に投資を行なうことにより、中長期的な信託財産の成長をめざします。

特色2

個別銘柄の選定において、アーク社の調査力を活用します。

イノベーションにフォーカスした調査に強みを持つ、米国のアーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシー(アーク社)からの助言をもとに、日興アセットマネジメントアメリカズ・インクがポートフォリオを構築します。

特色3

お客様の運用ニーズに応じて、決算頻度や為替ヘッジの有無が異なる4ファンドからお選びいただけます。

外貨建資産への投資にあたっては、原則として為替ヘッジを行なわない「1年決算型」、「年2回決算型」と、原則として為替ヘッジを行なう「為替ヘッジあり」、「為替ヘッジあり・年2回決算型」があります。

※ 為替ヘッジによって為替変動リスクの低減を図りますが、為替変動リスクを完全に排除できるものではありません。なお、為替ヘッジを行なう際、対象通貨の短期金利より円の短期金利が低い場合には、為替ヘッジコストがかかります。また、対象資産の通貨と異なる通貨で為替ヘッジを行なった場合には、各通貨の値動きが異なることから、十分な為替ヘッジ効果が得られないことがあります。

「1年決算型」、「為替ヘッジあり」は、毎年12月7日(休業日の場合は翌営業日)を決算日とします。

「年2回決算型」、「為替ヘッジあり・年2回決算型」は、毎年6月7日、12月7日(休業日の場合は翌営業日)を決算日とし、基準価額水準が1万円(1万口当たり)を超えている場合には、分配対象額の範囲内で積極的に分配を行ないます。

※分配金額は収益分配方針に基づいて委託会社が決定しますが、委託会社の判断により分配金額を変更する場合や分配を行なわない場合もあります。

(注)市況動向および資金動向などにより、上記のような運用ができない場合があります。

このページのトップへ

新たな金融サービス「フィンテック」

フィンテック(FinTech)とは金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、最新の情報技術を活用した「新たな金融サービス」のことを言います。

フィンテックはスマートフォンのアプリなどを通じた金融サービスを中心に急成長しており、その利便性の高さから「私たちの生活を一変させるイノベーション」として注目されています。

金融サービスの技術革新の変遷

金融サービスの技術革新の変遷イメージ図

※ 上図はイメージであり実際とは異なる場合があります。

このページのトップへ

すでに身近なフィンテック

電子決済

いつでも、どこでも、モバイルで支払い

スマートフォンのアプリを通じた決済など、利便性の高いモバイル決済サービスが急成長しています。

フィンテック関連企業は決済を通じて手数料収入を獲得する一方、事業会社は利用者にクーポンやポイントを付与することで、顧客の囲い込みや売上の増加をめざしています。

家計管理

オンラインで家計や口座を「一括管理」

個人を中心に、銀行口座やカード履歴、オンラインショッピング、保有ポイントなどの情報をまとめ、家計の収入と支出を一括管理できるサービスが始まっています。

フィンテック関連企業は有料サービスの提供のほか、利用者の家計や口座情報などをもとに的確な金融商品を紹介し、金融機関から手数料収入を得ることなどをめざしています。

ロボ・アドバイザー

資産運用はロボにお任せ

資産運用のアドバイスの提供に際し、AI(人工知能)を活用し、顧客ごとに最適な資産配分を作成する「ロボ・アドバイザー」サービスの注目が高まっています。

人の関与を極力削減し、オーダーメードの顧客へのポートフォリオ提案を低コストで行なえることから、今後、同サービスの拡がりが期待されます。

※ 上図はイメージであり実際とは異なる場合があります。

このページのトップへ

運用プロセス

当ファンドの主な投資対象であるマザーファンドの運用を担当する日興アセットマネジメント アメリカズ・インクの運用プロセスは以下の通りです。

*日興アセットマネジメント アメリカズ・インクは、日興アセットマネジメント・グループのグローバル運用の米国拠点です。

【運用プロセス】

運用プロセスイメージ

上記は2017年6月末現在の運用プロセスであり、将来変更となる場合があります。

銘柄選択においてはアーク社の助言を受けます

アーク社は、「イノベーションこそが成長の鍵である」との調査哲学を掲げ、破壊的と言えるイノベーションに集中して調査を行ない、イノベーションの実現者や恩恵を受ける企業を選別します。

金融業界とIT業界両方のアナリスト、および外部の情報を活用して調査を行ないます。

将来の成長機会の獲得をめざすために、企業規模や業種、国などに縛られることなく、調査を行なっています。

アーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシー
●2014年設立   ●本社:ニューヨーク

このページのトップへ