かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

米国ハイブリッド優先証券ファンド
Aコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)

米国ハイブリッド優先証券ファンドAコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)

特色1

米国ハイブリッド優先証券に投資

「パインブリッジ米国優先証券高格付マザーファンド(以下「マザーファンド」ということがあります。)」の受益証券への投資 を通じて、主として米国ドル建てのハイブリッド優先証券に投資し、安定した収益の確保を図るとともに、中長期的に信託財産の着実 な成長を目指します。

マザーファンド受益証券への投資を通じて、米国ドル建てのハイブリッド優先証券に投資し、高水準の利子配当等収益の確保を図りつ つ、中長期的な信託財産の着実な成長を目指して運用します。

ファンドのしくみ
特色2

信用リスクをコントロール

実質的な組入対象となるハイブリッド優先証券は、組入れ時において、原則として1つ以上の国際的格付会社(S&P、 ムーディーズなど)より、A−格またはA3格相当以上の格付けを取得している銘柄および格付けを取得していないものについては当 該格付けと同等の信用力を有すると判断した銘柄に限定し、ファンド全体の信用リスクをコントロールします。

組入銘柄が2つ以上の国際的格付会社からBBB+格またはBaa1格相当以下に格下げされた場合には、当該銘柄を速やかに売却 し、ファンド全体の信用力の低下をコントロールします。
特色3

2つのコースから選択

外貨建て資産に関しては、為替変動リスクの低減を図るため、原則として為替フルヘッジを行うAコース(為替ヘッジあり)と、 原則として為替ヘッジを行わないBコース(為替ヘッジなし)からお選びいただけます。
特色4

毎月分配

毎月15日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、原則として、ハイブリッド優先証券から受取る利息/配当等収益をもとに 分配を行います。

※将来の分配金が保証されているものではなく、分配対象額が少額の場合 等、分配を行わないことがあります。

※資金動向、市場動向、残存信託期間等によっては上記のような運用ができ ない場合があります。

このページのトップへ

特徴1:債券によく似た構造

  • ハイブリッド優先証券は、株式と債券の特色を併せ持つ証券 です。
  • ハイブリッド優先証券は、額面、償還日、定率の利息/配当 が設定されているなど、債券と類似した特徴を有しています。
  • ハイブリッド優先証券には、一般的に25ドル額面と 1,000ドル額面の2種類があります。
ハイブリッド優先証券と債券・普通株式の違い

※上記はハイブリッド優先証券の特性の一部を単純化して示したものであり、必ずしもすべてを示しているもの ではなく、またすべてのケースにあてはまるとは限りません。

特徴2:ハイブリッド優先証券の利回り

  • ハイブリッド優先証券は普通社債と比べて法的弁済順位が低く、期限前償還条項や利息/ 配当の支払い繰延べなどの条項を持つものがある一方、利回りが高いという特徴があります。

特徴3:金融機関中心の発行体

  • 発行体の多くは金融・保険関連などの金融機関であり、また 信用力の高い企業が中心です。

特徴4:価格変動特性

  • 基本的には債券と類似した特性であるため、金利や信用リス クの変化による影響を受け、価格が変動します。
  • 平常時には価格変動率は低いものの、発行体が限られている こと、償還期限が長いこと、相対的に流動性が高くはないことなどから、過去に大きな変動を示したことがあります。

今後も新しい形態のものが発行される可能性があるとともに、制度等の変更によっては、前記のハイブリッド優先証券の特徴等が変わる場合があります。

このページのトップへ