NISANISAってなに?

2014年1月に導入された新しい証券投資優遇制度。
資産運用をこれから始める人にやさしい非課税制度です。

配当等・売却益 非課税:上場株式等と公募株式投資信託の配当等・売却益が非課税となります

NISA(ニーサ)とは、「日本版ISA:少額投資非課税制度」の愛称です。NISAは英国のISA(Individual Savings Account:個人貯蓄口座)を模範として日本に導入された制度です。

NISA口座内の上場株式等から生じる配当金・分配金、および売却益が非課税になります。非課税期間中の売却はいつでも可能です。
ただし、課税口座である特定口座・一般口座で売却損が生じた場合は損益通算ができますが、NISA口座で売却損が生じた場合には損益通算ができません。

  • *NISA口座で保有している株式等の配当金(ETF、REIT等の分配金を含む)について非課税の適用を受けるには、配当金の受取方法として「株式数比例配分方式」を選択する必要があります。「株式数比例配分方式」とは、全ての保有銘柄について、各証券会社の口座の残高に応じて、証券会社を通じて配当金を受け取る方式のことです。(この他の配当金の受け取り方法として、例えば、あらかじめ指定した預金口座に振り込まれる方法や、ゆうちょ銀行で現金で受け取る方法などがあります)
  • *「株式数比例配分方式」を選択すると、NISA口座だけでなく、特定口座・一般口座で保有している株式等の配当金の受取方法にも適用されます。また、複数の証券会社で取引をしている場合、いずれか1つの証券会社を通じて「株式数比例配分方式」の手続きをすることが可能ですが、他の証券会社で保有している全ての株式についても「株式数比例配分方式」が適用され、他の配当金受取方法とは併用できません。
NISA口座
課税口座(特定口座・一般口座)

NISAのポイント

※2015年までは毎年100万円(最大500万円)

  • *NISA制度の詳しい内容はこちら

口座開設はいつできますか?

一度NISA口座で取引をしたら、何年間継続できますか?

NISA口座にはいくら投資できますか?

5年間の非課税期間が終了したら、どのようにすれば良いですか?

5年間の非課税期間が終了した場合、以下の3つの選択肢があります。

  1. その時点で売却
  2. 時価120万円を上限に翌年のNISA口座の非課税枠へ移管し、非課税扱いを継続
  3. 課税口座(特定口座・一般口座)に移管

どんなときにどの選択肢を選べばNISAを活用できるのかについては、「NISAの活用例」でご説明しています。

NISA口座開設に関するお問い合わせ先

NISA専門ダイヤル カスタマーサポートセンターまでお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120-748-104 月曜日~金曜日 9:00~17:00