投資信託REITって何?

REIT(Real Estate Investment Trust)とは不動産投資信託のことです。
投資対象先に不動産を組み入れることができる投資信託です。
不動産に直接投資するのとは異なり、少額から投資できることなどが魅力ですが、
REIT特有のリスクもあります。

不動産投資法人の仕組み

法律上の分類では投資信託は「会社型」と「契約型」の2種類があります。実はこれまで「投資信託クラス」でご説明してきたものは全て契約型の投資信託です。不動産投資信託にも、会社型と契約型がありますが、証券取引所に上場しているものは、会社型(投資法人)です。
不動産投資法人は投資家からお金を集めて不動産に投資をします。運用、資産保管、投資主総会・役員会の運営、発行証券の募集、名義書換事務、資産の計算事務などの業務は全て外部委託することが法律で決められています。 具体的には、不動産投資法人から業務委託を受けた運用会社が、どの物件に投資をするのかを決定し、不動産を購入します。購入した不動産のテナントからの賃料が収入となり、コストなどを差し引いたお金の中から、投資家に分配金が支払われます。

J-REITって何?

もともとアメリカの不動産投資信託のことをREITと呼んでいました。その後、日本版の不動産投資信託ができたので、それを特に"J-REIT"と呼んでいます。2001年9月に日本初のREITが東京証券取引所に上場しました。

J-REITを売買するには?

これから上場するJ-REITを購入する場合(公募・売り出し)

その銘柄の公募・売り出しをできる証券会社から購入します。購入する際、事前もしくは同時に目論見書が交付されますので必ず目を通しましょう。

すでに上場しているJ-REITを売買する場合

証券会社などを通じて証券取引所に注文を出し、売買することができます。(4桁の証券コードもついています)

売買のルール

  • 売買した銘柄名(証券コード)を指定します
  • 売りか買いかを指定します
  • 何口売買したいのか数量を指定します
  • 指値・成行注文が可能です

J-REITの魅力は?

  1. テナントから定期的に支払われる賃料が原資ですので、分配金が安定しています。
  2. 通常の株式と比べて高い配当利回りが得られます。
  3. 少ない金額(20万円前後~100万円程度)から不動産に間接的に投資することができます。
  4. 上場しているので売買するのが容易です。
  5. 複数の不動産への投資が可能となり、リスクを低減できます。
  6. 不動産投資のプロが運用してくれますし、実際の不動産に投資をするような物件の管理の手間がありません。

J-REITのリスクは?

  1. 組み入れている不動産価値の変化によって、J-REITの価格も変動します。
  2. 元本は保証されていません。
  3. 分配金の額は一定ではありません。
  4. 投資対象先として組み入れられている不動産が地震や火災などの被災を受けた場合などは、分配金が減ったり価格が低下する可能性があります。
  5. 取引所が定める基準にふれ、上場廃止となった場合、取引が著しく困難になる可能性があります。

  1. 内容は平成26年7月現在の税制等をもとに東海東京証券が作成しています。
  2. 内容は将来税制改正等により変更される場合があります。
  3. 税制に関する詳細は税務署ならびに税理士等の各専門家にお問い合わせください。
  • わたしの生き方でえらべるファンド 乙女のお財布ファンド(株式型)/(債券型)/(バランス型)