投資信託投資信託の主なリスク

「リスク」とは一般的に「危険」という意味ですが、投資の世界では、リターン(損益)の変動の大きさをいいます。

投資信託は値動きのある株式や債券に投資し、運用します。つまり、株式や債券と同じようにリスクがあり、投資信託の基準価額(投資信託の値段のこと)は、株式市場や債券市場の動向により変動します。

投資信託にはどのようなリスクがあるか見ていきましょう。

1.信用リスク

投資した証券の発行体の業績や財務状況が悪化することにより、経済的信用力が低下するリスクで、デフォルトリスクともいいます。
例えば、債券の場合、発行体の倒産などにより債券の利息や償還金があらかじめ決められた条件で支払われないこともあります。

2.価格変動リスク

株価は、株式を買いたい人(需要)と売りたい人(供給)によって決まります。買いたい人が増えると、株価は上がり、売りたい人が増えると、株価は下がります。株価は企業業績、国内や世界の政治・経済の動きなどの影響を受け、常に変動しています。つまり、株式を組み入れている投資信託は、株価変動の影響を受けます。

3.金利変動リスク

債券価格は、市場金利などの影響を受け、常に変動しています。金利が上がれば債券価格は下がり、逆に金利が下がれば債券価格は上がります。つまり、債券を組み入れている投資信託は、金利変動による債券価格変動の影響を受けます。

4.為替変動リスク

外国の株式や債券を組み入れている投資信託は、為替変動を回避するもの(為替ヘッジあり)と回避しないもの(為替ヘッジなし)があります。
外国の株式や債券は一般に外国の通貨建てであり、円安が進むと外国の株式や債券の価値は、円に対して相対的に上がります。逆に、円高が進むと外国の株式や債券の価値は、円に対して相対的に下がります。為替ヘッジありとは、このような円安、円高などによる投資資産の価値の変動を回避する運用方法を意味します。

  • わたしの生き方でえらべるファンド 乙女のお財布ファンド(株式型)/(債券型)/(バランス型)