ジュニアNISA

対応商品・概要

投資金額年間80万円まで
  • 日本に住む20歳未満の方なら、お1人につき1口座開設できます。
  • 投資金額は年間80万円まで、複数回に分けてお買付できます。
  • 投資できる期間は平成28年〜平成35年(8年間)

ジュニアNISA口座の運用・管理は、原則、親権者等(親・祖父母等)が行います。

【ジュニアNISA口座でのお買付け時のご留意事項】
ジュニアNISA口座でお買付けされる場合は、ご注文の際にお客様よりその旨を明示いただく必要がございます。
ジュニアNISA口座でのお買付けである旨の明示がない場合は、課税口座(一般口座または特定口座)でのお買付けとなりますので、ご注意ください。

東海東京証券のジュニアNISAでご利用いただける有価証券

国内
上場株式

国内ETF
(上場投資信託)

J-REIT
(不動産投資信託)

国内ETN
(指標連動証券)

国内公募
株式投資信託

※証券会社によってジュニアNISA口座での取扱商品の範囲は異なる場合があります。

【ご留意事項】

・一部お取扱いできない銘柄があります。

・信用取引、株券貸借取引、「るいとうくらぶ(株式累積投資)」、東海東京SMA、東海東京ファンドラップ(ラップ口座)による取引は、ジュニアNISAのお取扱いの対象外とさせていただきます。

≪ジュニアNISA対象外の商品≫
弊社では、外国株式、外国株式投資信託、転換社債型新株予約権付社債(CB)につきましては、ジュニアNISA口座ではお取扱いの対象外とさせていただきます。
※平成28年12月現在の情報に基づき作成しており、今後取扱いが変更となる場合があります。

【ジュニアNISA制度上の対象外商品】
・預貯金
・非上場株式等
・債券(国内債券、外貨建て債券、仕組債等)
・公募公社債投資信託(MRF、MMF、中国F、外貨建てMMF等)

  • 配当等・売却益は金額にかかわらず非課税となります!
  • 途中売却はいつでも可能です。
  • 売却損失は課税上なかったものとして取扱われるため、ほかの売却益や配当等との通算はできません

  • 18歳までの払出し制限期間中、配当金・分配金や売却代金等は「課税ジュニアNISA口座」で管理されます。

ジュニアNISA口座で保有する国内株式の配当金を非課税とするためには、配当金の受取方式を「株式数比例配分方式」にする必要があります。また、売却により空いた非課税投資枠の再利用はできません。

株式数比例配分方式について(かんたんダイレクトサービス)

株式数比例配分方式について(あんしん総合サービス)

ジュニアNISAの概要

口座開設可能数 金融機関を通じて1人1口座 ※金融機関の変更はできません
年間投資限度額 80万円 ※非課税投資枠の未使用分は翌年へ繰り越せません
投資可能期間 平成28年4月〜平成35年12月末
非課税対象 上場株式等の配当、公募株式投資信託の分配金、これらの売却益等
※国内株式の配当等は「株式数比例配分方式」を選択し、証券会社で受取る必要があります。
非課税期間 投資した年から最長5年間
平成36年以降、継続管理勘定(ロールオーバー専用)にて20歳まで非課税継続可能
購入した商品の売却 いつでも可能。ただし、18歳になるまで払出し制限あり
※3月31日時点で18歳である年の1月1日以降(例:高校3年生の1月以降)
払出し制限 18歳になるまで投資残高は運用益を含め、原則として払出し不可。
制限期間中の払出しは、全解約の上、過去の利益に対して課税(源泉徴収20.315%)
※災害等やむを得ない場合には、非課税での引き出しが可能
ジュニアNISAをご利用いただくうえでの留意事項|詳しくはこちら