ジュニアNISA

ジュニアNISAのイメージ

ジュニアNISA口座&課税ジュニアNISA口座

ジュニアNISA口座はお子様の進学等に向けた「将来の資産形成」を目的に創設された側面をもっています。そのため、18歳まで払出しが制限され、配当金や分配金、売却代金等の流動資金の受け皿として、「課税ジュニアNISA口座」が同時に開設されます。

課税ジュニア
NISA口座

非課税投資による配当等や売却代金のほか、ロールオーバーしなかった上場株式等も管理されます

課税ジュニアNISA口座内の資金はジュニアNISA口座に再投資できます

課税ジュニアNISA口座内での投資・運用も可能です(公社債や公社債投信などジュニアNISA対象外商品も投資可能)

ジュニアNISA口座と課税ジュニアNISA口座のしくみの具体例


※課税ジュニアNISA口座では、公社債や公社債投信(MMF等)など、ジュニアNISA対象外の商品への投資も可能です。

ジュニアNISAのイメージ1平成36年以降に20歳になる場合

ジュニアNISA投資可能期間終了後も、20歳まで非課税で継続保有できます。

ジュニアNISAのイメージ2平成35年以前に20歳になる場合

口座開設者がその年1月1日において20歳である年分は、NISA口座が開設されます。

ジュニアNISAをご利用いただくうえでの留意事項|詳しくはこちら