ジュニアNISA

払出しについて

非課税期間最長5年

非課税期間の終了時点で払出し制限が解除されているかどうかによってジュニアNISA保有商品の取扱いが異なります。
また、現行制度では、ジュニアNISAへの新規投資は平成35年に終了しますが、「継続管理勘定」にて20歳まで非課税保有が可能です。

払出し制限中(0〜17歳)

①ジュニアNISA口座の上場株式や株式投資信託等は、課税ジュニアNISA口座に移され、その後の配当等・売却益については課税されます。なお、移行時点の時価が課税ジュニアNISA口座移行後の取得価額となります。

②ジュニアNISA口座で翌年の非課税投資枠を利用し(投資可能期間終了後は「継続管理勘定」にて)、限度額80万円の範囲内でそのまま保有し続けることができます。

払出し制限解除後(18歳〜)

①ジュニアNISA口座の上場株式や株式投資信託等は、通常の課税口座(特定口座または一般口座)に移管できます。なお、移行時点の時価が課税口座移行後の取得価額となります。

②投資可能期間(〜平成35年)に20歳未満であればジュニアNISA口座で翌年の非課税投資枠を利用し(投資可能期間終了後は「継続管理勘定」にて)、限度額80万円の範囲内で、また20歳以上であれば成人NISA口座の限度額120万円の範囲内でそのまま保有し続けることもできます。

非課税期間終了時の移管先
ジュニアNISAをご利用いただくうえでの留意事項|詳しくはこちら