ダイレクト信用取引のお客様限定 現物取引&信用取引 国内株式委託手数料優遇キャンペーン

ダイレクト信用取引口座をお持ちでない方へ

最短10分程度で申込完了!ダイレクト信用取引口座開設はこちら
本キャンペーンでは、毎月お客様の平均建玉残高を判定し、優遇手数料を適用いたします。 なお、キャンペーンに関するFAQをご用意いたしましたのでご参照ください。

名称 ダイレクト信用取引のお客様限定 現物取引&信用取引 国内株式委託手数料優遇キャンペーン
期間 2017年4月1日(土)~ 2018年3月30日(金)
適用優遇手数料 無料(現物取引・信用取引共通)
適用条件 以下の条件を満たした場合、
現物取引および信用取引に係る株式委託手数料を無料といたします。
なお、適用条件に満たない場合は一律599円(税込み)となります。

(1)判定日

原則、毎月20日(休業日の場合は前営業日)
※初回判定日:2017年3月17日

(2)判定期間

前回判定日の翌日 ~ 判定日の当日

(3)判定条件
以下のいずれかを満たす必要があります。

① 判定期間における平均建玉残高500万円以上(約定日ベース)

ダイレクト信用取引口座開設2か月以内

適用期間

判定月の最終営業日の翌日~判定日翌月の最終営業日
※年末年始の適用期間は、通常月と若干異なります

適用期間 判定日 判定期間
2017年
4月1日~
4月28日
2017年
3月17日
2017年
2月21日~
3月17日
2017年
4月29日~
5月31日
2017年
4月20日
2017年
3月18日~
4月20日
2017年
6月1日~
6月30日
2017年
5月19日
2017年
4月21日~
5月19日
2017年
7月1日~
7月31日
2017年
6月20日
2017年
5月20日~
6月20日
2017年
8月1日~
8月31日
2017年
7月20日
2017年
6月21日~
7月20日
2017年
9月1日~
9月29日
2017年
8月18日
2017年
7月21日~
8月18日
2017年
9月30日~
10月31日
2017年
9月20日
2017年
8月19日~
9月20日
2017年
11月1日~
11月30日
2017年
10月20日
2017年
9月21日~
10月20日
2017年
12月1日~
2018年
1月3日
2017年
11月20日
2017年
10月21日~
11月20日
2018年
1月4日~
1月31日
2017年
12月20日
2017年
11月21日~
12月20日
2018年
2月1日~
2月28日
2018年
1月19日
2017年
12月21日~
2018年
1月19日
2018年
3月1日~
3月30日
2018年
2月20日
2018年
1月20日~
2月20日
対象者 ダイレクト信用取引をご利用のお客様

ご留意事項

  • 本キャンペーンは、かんたんダイレクトサービスにおけるダイレクト信用取引をご利用のお客様の、オンライントレードを通じた国内上場株式の現物取引および信用取引に係る委託手数料が優遇対象となります。
  • 現物取引(代用有価証券含む)については国内上場株式(ETF、REIT含む)の単元株取引、信用取引については新規買い建ておよび新規売り建て、信用建玉決済の各取引の委託手数料が優遇対象となります。
  • 金利・貸株料・逆日歩・管理費等の諸経費、当社による任意決済注文(追証または期日超え時など)の委託手数料については、お客様にご負担いただきます。
  • オペレーターを通じた取引および端株取引、株式累積投資の各委託手数料についてはお客様にご負担いただきます。
  • 各適用開始日のオンライントレードサービス開始以降、適用最終日のオンライントレードサービス終了まで、優遇手数料を適用いたします。
  • 平均建玉残高については判定期間における各営業日(土日祝含まない)時点の未決済建玉残高(原則、約定日ベース)で判定いたします(建玉を現引き・現渡しした場合は、受渡日ベースの建玉残高で判定いたします)。また、当社が建玉残高を計算できなかった場合は、その日の建玉残高は平均建玉残高の算定より除外いたします。
  • 判定日においてダイレクト信用取引口座の開設日から起算して2か月以上を経過している場合、平均建玉残高による判定のみを行うこととなります。
  • 信用取引に係る口座開設は審査に一定のお時間がかかる場合または審査によって口座開設をお断りすることがあります。キャンペーンの終了直前にお申し込みいただいた場合、キャンペーン期間内での口座開設が間に合わないことがありますのであらかじめご了承ください。
  • 本キャンペーンは予告なく延長または変更、中止となる場合がございますのでご注意ください。
  • 当社が不適切な取引が行われていると判断した場合などはキャンペーンの適用を除外する場合があります。