資産運用について

資産運用について

貯蓄と投資について

貯蓄と投資について

資産運用の目的は、”資産を守ること”と”資産を殖やすこと”にあります。”資産を守る”というのは、資産の実質的な価値をインフレ(インフレーション)などの影響から守り、確実に貯めること。そして、”資産を殖やす”というのは、リスクを取って資産を効率的に殖やし、資産全体を拡大していくことです。つまり、資産運用とは、「貯蓄」と「投資」の2つの方法で、将来に向けて資産づくりを行うことです。

貯蓄

「貯蓄」は、将来のためにお金を蓄えることが目的ですから、安全かつ確実で、必要な時にすぐお金を引き出せる状態で運用するのがポイント。金融機関が元本を保証してくれるので、運用の成果は、商品を選んだ時点で決まります。

投資

「投資」は、効率よく資産を殖やすことが目的なので、ある程度のリスクを取りながら、資産を運用し、拡大していくことがポイントです。運用の成果は予測できないので、元本は変動し、元本割れのリスクもあります。

資産運用では、どちらか一方に偏るのではなく、貯蓄と投資の両輪で運用していくことが必要です。安全性を重視して貯蓄していたはずなのに…そんなことにならないためにも、貯蓄と投資を組み合わせ、インフレにも対応できる資産づくりを工夫することが大切です。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

資産運用がはじめての方でも安心して投資いただける
豊富な商品ラインアップをご用意しています

  • 東海東京証券の7大ポイントはこちら
  • NISA(少額投資非課税制度)はこちら

“きほん”を学ぼう

気になる証券用語を検索!証券用語集