気になる証券用語を検索!証券用語集

ABS(えいびーえす)

ABSとはassetbacked securityの略称で、資産担保証券のことを指します。日本における成立は、1998年9月に旧証券取引法上における有価証券と認められました。それまでは会社の信用力をベースに資金調達してましたが、所有する不動産や債権などのキャッシュフローを生み出すものを担保に資金調達することが可能となり、実際には自動車ローンや、売掛債権、リース債権などのABSも発行されています。また企業が保有する資産をSCP(特別目的会社)に売却し、SCPはその資産をもとに証券を発行し、投資家へ販売する流れとなります。ABSの持つ商品性から、企業の金融の円滑化に貢献するとの見方もあります。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。