気になる証券用語を検索!証券用語集

手仕舞い(てじまい)

信用取引において反対売買で決済すること。株価が安い頃に信用取引で買った株がかなり値上がりした。手仕舞い売りを出して利益を確定するか、さらに買い増しするかじっくり考えたい。信用取引を清算することを手仕舞いといいます。手持ちの株式や投信を全て売ることを手仕舞いと呼ぶ場合もあります。信用取引では、お金を借りて株式を買う「信用買い」なら売りを出せば手仕舞いとなり、投資家の損益が確定します。このとき、買いの反対に当たる売りを反対売買といい、借りた株式を売る「信用売り」の反対売買は「買い」または「買い戻し」と呼ばれます。相場の予想が外れたら、速やかに手仕舞いして、損失拡大を防ぐことがリスク管理の王道とされます。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。