気になる証券用語を検索!証券用語集

天井つかみ(てんじょうつかみ)

相場が急騰した高値圏を買いに行くことをいうが、本当に天井を買ったのかどうかは時間が経たないと分からない。一般的に、相場が極めて高いとき、あるいは極めて安いときに売り買いすることを皮肉って「天井つかみの底たたき」などということがある。まだまだ上がると思って買ったら、天井をつかんでしまった。あと5%下がったら売却して、別の銘柄を買うつもりだ。上昇基調にある銘柄を選んだつもりが、買った直後から下落に転じ、結果として天井つかみになることがあります。短期的な株価上昇を期待したのに天井で買ってしまったら、素早く売却し、損失拡大を防ぐのが常道です。一方、その企業の業績急拡大や新規事業の成長に期待できるようであれば、株価の出直りを気長に待つのも一法でしょう。「まだ上がる」と思った株価がすでに天井だったり、もう下がらないと思った株がさらに下がったりすることがあるので、「『まだ』は『もう』なり」という相場格言もあります。株価は思惑通りに動いてくれないという教訓です。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。