気になる証券用語を検索!証券用語集

独歩安(どっぽやす)

相場全般の動きが小さく静かなときに、ある銘柄だけが目立って値下がりすること。「今日の東証は朝から全面高」とニュースで報じていたので、持ち株の値段を調べたら独歩安だった。新商品の売れ行きが悪いというネットの書き込みは本当なのかもしれない。相場全体の動きが乏しいのに、特定の銘柄が下がる状態を独歩安といいます。相場が全面高なのに値下がりしているようだと、逆行安です。特に本格的な上昇相場では、株価がまだ上がっていない銘柄は「出遅れ株」とされ、まだ上昇余地が大きい銘柄として買いが入るものです。そんな局面で、完全に上昇相場から取り残されている銘柄には、何か悪い材料が潜んでいると警戒したほうがよいかもしれません。独歩安の反対語が独歩高です。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。