気になる証券用語を検索!証券用語集

取引残高報告書(とりひきざんだかほうこくしょ)

顧客の有価証券などの取引内容と預かり残高を報告するもの。3カ月に1度送られてくる取引残高報告書で持ち株の損益を確認して、資産配分を機動的に変更している投資家は少なくない。顧客が株式や投資信託、国債などを売買すると、証券会社は売買の明細とは別に、3カ月に1度、取引残高報告書を送ります(取引が全くなくても1年に1回の送付が義務付けられています)。書式は証券会社によって異なりますが、取引の内容と取引後の残高が必ず記載されています。従来は郵送のみでしたが、現在は電子交付も認められています。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。