気になる証券用語を検索!証券用語集

内出来(うちでき)

発注した注文の一部だけが成立すること。例えば、5000株の買い注文(あるいは売り注文)を発注して、うち1000株だけ買い(あるいは売り)が成立した場合、この1000株を内出来という。A銘柄を450円指値で5000株の買い注文を出したが、2000株だけ約定する内出来だった。株式の売買では、買い手と売り手双方の発注した価格と株数が一致した注文から成立していきますので、価格は同じでもそれぞれ注文した株数が異なれば、部分的な約定となります。これが「内出来」で、その後残りの注文が成立しないことを「不出来」といいます。一般的に、中・小型株など流通する株数が少ない銘柄は、まとまった注文が一度に約定することが難しいといえます。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。