気になる証券用語を検索!証券用語集

買い細る(かいほそる)

上値を追って買う動きが弱くなること(上値を追わなくなること)。出来高が少なくなること。国内株式市場への海外投資家からの資金流出が目立つ。欧州の債務問題や米国経済の失速懸念など、不透明な投資環境を背景に、投資家の買いが細っていることが一因のようだようだ。「買い細る」とは、文字通り株を買う力が弱くなることです。買いが細れば株価の上昇する力は弱くなります。国際紛争に伴う地政学的リスクや金融機関の破綻懸念、海外市場の需給悪化、大型倒産など、投資環境の先行きが不透明になるにつれて株などのリスク資産から資金の逃避が始まります。当然ながら、株式市場への資金流入も少なくなり、買いが細ることになります。一方、多く買いが集まり出来高が多くなることを「買いが膨らむ」といいます。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。