気になる証券用語を検索!証券用語集

アク抜け(アクぬけ)

悪材料が出尽くして株価が下げ止まった状態のこと。昨日発表した連結決算は大幅減収減益となり、売上高は前期比25%減、営業赤字も前期より40%増える厳しい内容となった。だが、悪材料が出つくしたということで同社の株価はようやく反発、アク抜けとなったようだ。粉飾決算などの悪材料が出て、株価の下落に歯止めがかからないことがあります。まるで底が抜けたように株価は落ちていきますが、行き着くところまで下げたら株価は下げ止まります。株価がこれ以上下げないとなった時点が「アク抜け」となります。いつまでも上昇し続ける株がないように、下がり続ける株もありません。どんな悪材料が出たとしても、どこかで下げ止まるもので、「アク抜け」時点を底に株価は回復に向かう場合もあります。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。