気になる証券用語を検索!証券用語集

足取り(あしどり)

過去の株価の値動きのことで、ケイ線ともいう。本日の株式市場は、前日米国株価が大幅高となった流れを受け、個人や機関投資家、ヘッジファンドなどから幅広く買いが入り、しっかりとした足取りとなった。今は買い時かそれとも売り時かを判断する際、株価の足取り(チャート)がどうなっているか調べる、つまりテクニカル分析が役に立ちます。よく知られているのが、始値・高値・安値・終値を使用しローソクの形に描いたローソク足で、「大陽線」「大陰線」「寄引同事線」や「かぶせ線」「包み線」「はらみ線」など、形によって相場の勢いや相場転換のサインを読み取ることができます。テクニカル分析は、さまざまな手法が開発されており、主にトレンド系(移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンドなど)と、売られ過ぎ買われ過ぎを見るオシレーター系(ストキャスティクス、RSIなど)に分けられます。なお、相場が堅調なことを「しっかりした足取り」、株価がなかなか上昇しないことを「足取りが鈍い」といいます。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。