気になる証券用語を検索!証券用語集

アナリスト

株式を発行している企業(主に上場会社)の財務内容や収益力・成長力などを調査分析し、投資価値の評価をする専門家のことを証券アナリストという。また、株式市場全体の動向について分析する人をマーケットアナリストと呼ぶ。用語の使用例選別受注に伴う粗利改善、グループ会社の業績貢献などが評価され、アナリストの投資判断は「買い」継続、目標株価は引き上げられた。もっと知りたい!大事な虎の子を投じる(投資する)わけですから、事前に投資先の事業内容や業績見通し、リスクなどを十分に把握することが重要です。投資判断という視点から企業調査を専門とする職業が証券アナリストです。多くの場合は、セクターごとに担当企業を持ち、財務分析など定量分析をベースに、決算説明会への出席、経営者への取材、工場見学など、定性的な情報を補うことによって、株式の投資価値の分析や売買判断(売り・買い)を行ないます。アナリストが作成する報告書はアナリスト・レポートと呼ばれ、彼らの企業分析・評価を参考に、機関投資家やファンドマネジャーが投資戦略を練ることになります。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。