気になる証券用語を検索!証券用語集

EPS(Earning Per Share)

1株当たり利益1株当たり最終的にいくら利益があったかを表す。EPS(1株当たり利益)=当期純利益÷発行済み株式数業績の上方修正により予想EPSが前期比50%増と大幅に拡大することが見込まれているにもかかわらず、株価はまだ低水準のままとなっている。EPS(1株当たり利益)は、当期純利益を発行済み株式数で割って算出されます。会社の株価の割高・割安を判断するPER(株価収益率)の計算に使われ、現在や将来の株価が割高か割安かを判断する際の重要な指標となります。当期純利益が年々増えていけば(発行済み株式数が不変として)EPSは上昇、逆に利益が減少傾向にあれば低下し、株価に影響を与えることもあります。したがって、前期より今期、今期より来期とEPSの増加が見込める銘柄をいかに探すかがポイントとなります。ただし、決算期によって最終利益には特別利益を含む場合もありますので、このような一時的な要因を除外し、実質的にEPSが増えていることが重要となります。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。