気になる証券用語を検索!証券用語集

上放れ(うわばなれ)

一定の幅・レンジで推移していた値段が、その幅・レンジを抜けて値上がりしていくこと。A社の株価は先月下旬から急騰している。週足チャートでみると三角持ち合いを上放れた形。収益改善基調であり上値を追う展開になるだろう。もちあい状況などにある株価が、上値抵抗線を抜けて上昇することを「上放れ」といい、「三角持ち合いからの上放れ」といった使い方をします。三角持ち合いとは、上値抵抗線(高値を結んだ線)と下値支持線(安値を結んだ線)が三角形のような形となっているチャートです。株価が上方向に抜けた場合、「持ち合い放れにつけ」という格言があるように、株価は上昇トレンドに入ったと判断され、新規の買いや売りの買い戻しで上昇する場合が多いといわれています。

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら

総合証券会社である東海東京証券がご提供するサービスや商品の魅力の7大ポイントを紹介。  他にはない、女性のはじめての投資をサポートする「乙女のお財布」や大人の投資やライフスタイルをサポートする「大人の投資倶楽部」。
また、店舗にはないオンライントレード専用の魅力的な商品のご提供や、Amazonギフト券へ交換できる東海東京ポイントサービス。投資が視覚的に体感できる施設「東海東京フィナンシャル・ギャラリー」など、ネット証券や他の証券会社にはない様々な視点で皆さまの投資やライフスタイルをサポートいたします。

資産づくりとは、これからの人生・暮らしを考えるところから始まります。年代ごとにさまざまなイベントがあり、人生の節目に向けて、どのようにお金を管理し、資産づくりに取り組めばいいのか、考えてみましょう。