新しい証券投資優遇制度。NISAをはじめましょう、東海東京証券で。NISA

投資金額は年間120万円まで

日本に住む20歳以上の方なら
おひとり様につき1口座開設できます
(※平成27年までは100万円)

制度継続期間は平成26~35年の10年間

上場株式等と公募株式投資信託の配当等、譲渡益が非課税!

NISA口座内の上場株式等から生じる配当金・分配金は非課税となります。

非課税期間中のご売却はいつでも可能です。譲渡益は非課税となります。

ただし、譲渡損失が生じた場合は課税上考慮されず、損益通算等はできません。

  • NISA口座で保有する国内株式の配当金を非課税で受け取るためには、「株式数比例配分方式」をお申込みいただき、証券会社で配当金を受け取る必要があります。なお、銀行口座や郵便局で配当金を受け取った場合は課税扱い(源泉徴収される)となりますのでご留意ください。
  • NISA口座で支払われる公募株式投資信託の分配金が再投資される場合は、再投資時におけるNISA口座の非課税投資枠を利用した買付となります。なお、再投資時において非課税投資枠が無い場合は課税扱いの買付となります。
  • ■ご売却された場合、その非課税投資枠の再利用はできません。

5年間の非課税期間が終了したら、1.課税口座(特定口座、一般口座)へ2.非課税口座(次年度のNISA口座)へ

5年間の非課税期間が終了した場合、NISA口座内の上場株式等は課税口座(特定口座・一般口座)へ移管されます。
また、時価120万円を上限に翌年のNISA口座の非課税枠へ移管(ロールオーバー)して、非課税扱いを継続することもできます。

NISA口座について

  • お客様の証券総合取引口座内に同じ口座番号でNISA口座を区分し管理します。
  • 非課税投資枠の利用状況が管理され、NISA口座を指定した買付注文の際には残額がチェックされます。
  • 非課税投資枠が適用された約定分は、特定口座や一般口座とは区別してNISA口座のお預りとして管理されます。
  • 取引報告書や配当金・分配金のご案内、取引残高報告書等についてもNISA口座対象である旨が表示されます。

ご留意事項

NISA口座は、お1人様につき1口座のみ開設が可能です。
東海東京SMA・東海東京ファンドラップ(ラップ口座)は、NISAのお取扱い対象外とさせていただきます。
銀行・信用金庫等経由で開設された証券総合取引口座につきましては、NISAのお取扱い対象外とさせていただきます。
お客様で非課税投資枠をより有効に活用できる口座をご選択いただき、お申込みいただきますようお願い致します。