2章 投資のポイント(1)長期投資【お金の安全運転】

ページ | 0 | 1 | 2-1 | 2-2 | 2-3 | 3 | 4 |
運転に基本があるようにリスクとのつきあい方にも基本があります。@長期的な計画をたて、長い目で収益を追求していくことを考えましょう。

投資にはリスクがともないますが、リスクを抑えていくことは可能です。

そのために、まず長い目で投資をしていくことを考えてみましょう。

投資家の中にはややもすると目先の値動きに一喜一憂し、売り買いを繰り返す方もいらっしゃいます。

これでは値上りばかりでなく大きな損失の可能性もあります。しかし、下記のグラフにもあるように、株式のように値動きの大きな商品でも、長期的に保有することによって、リスクを低減させる効果が期待できます。

長期投資は、車の運転と同じようにあせらず、ゆっくりが基本です。

老後資金の準備などに、この考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

長期投資には、リスクを抑え収益を安定させる効果があります。
●保有期間別に見た株式の投資収益率(年率換算)
Data:Bloomberg 1949年5月末〜2009年12月末のTOPIX月次データより計算

グラフは、株式を保有した期間ごとに、どれくらいの収益が得られたか、その率が変化していく様子を示したものです。

例えば、1年間だけ保有した場合、最も良かった年には109.4%の値上がりとなりましたが、最悪の年には、51.7%も値下がりとなっています。

しかし、保有期間が長くなる(グラフでは右に行く)につれ、この変動幅は小さくなり収益は安定します。

 
ページ | 0 | 1 | 2-1 | 2-2 | 2-3 | 3 | 4 |

※この情報は2013年6月時点の情報です。

金融商品等の取引に関するリスクと諸費用について

金融商品等をご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格等の変動による損失が生じるおそれがありますので、金融商品等の取引に際しては、当該商品等の契約締結前交付書面等をよくお読みください。

ページトップへ戻る