上場投資信託(ETF)

ETFとは

  • ETFとは証券取引所に上場し、株価指数などへの指数連動を目指すインデックスファンド(投資信託)のことです。
  • Exchange Traded Fundsの頭文字をとり「ETF」と呼ばれています。
  • 証券取引所(Exchange)で取引される(Traded)投資信託(Funds)と覚えましょう。
  • また、ETFは、「上場投資信託」「上場投信」と呼ばれることもあります。
  • 日本では、ETFは2001年の法改正により実現した比較的新しい金融商品です。
  • ETFには、日本株の市場別業種別テーマ別の他リート外国株外国債券商品などがあります。

ETFの3つのポイント

ポイント1
初心者でもわかりやすい!
ETFは、TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価など新聞やテレビでも入手可能な株価指数に連動するよう運用会社が運用しています。そのため、値動きや損益が把握しやすく、また個別株投資に必要な企業分析も不要なため、初心者でも始めやすい商品です。
ポイント2
ETF1銘柄で分散投資ができる!
ETFは、日本株や外国株など投資対象となる資産に幅広く分散投資しています。そのため、個別株投資と比べて投資リスクを低減することが可能です。例えば、TOPIXに連動するETFを購入することは、東証一部に上場している全銘柄を保有するのと同じ効果が期待できます。
ポイント3
ETFは少額で売買OK!しかも低コスト!
ETFは10万円程度で売買が可能です。また、一般的な投資信託と比べて、ETFの信託報酬は0.1~1%程度と低くなっており、長期投資に適した商品といえます。また、売買に関するコストは、上場株式と同じ取り扱いです。

ETF上場銘柄数の推移

運用方法のいろいろ

当社が指定参加者となっているETF

取引所上場のETF一覧

手数料

口座をお持ちでない方へ

入力時間は最短15分程度。かんたんダイレクトサービス新規口座開設(無料)はこちら