株式株式はどこで買うの?

株式の売買は、東京、名古屋、札幌、福岡などの各金融商品取引所で行なわれます。

株式を発行する株式会社は日本に100万社以上ありますが、わたしたち一般の投資家が売買できる株式は、財務状況や経営状態など一定の審査基準をクリアして金融商品取引所に上場を認められた株式(約3,500社)だけです。上場とは、その金融商品取引所で売買することを認められたことをいいます。

上場株式を売買するためには、証券会社に口座を開設して、証券会社に注文を出さなければなりません。証券会社は投資家の注文を金融商品取引所に取り次ぎ、金融商品取引所で売買が行なわれます。投資家が直接、金融商品取引所で売買することはできません。

銀行の窓口でも注文を出せるようになりましたが、これは銀行が金融商品取引所に注文を出すのではなく、投資家と証券会社の間に立ち仲介業務を行なっているのです。

株式を売買できるところ
金融商品取引所 東京(第1部・第2部)、名古屋(第1部・第2部)、札幌、福岡
新興・成長企業向け市場 マザーズ(東京)、JASDAQ(東京)、セントレックス(名古屋)、アンビシャス(札幌)、Q-Board(福岡)