NISAで株式投資

2019年厳選テーマと銘柄例今月のストックピック銘柄

今月のストックピック銘柄

本レポート及び記載の今月のストックピック銘柄は東海東京調査センターが作成し、東海東京証券株式会社が許諾を受けて提供いたしております。投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

2019年6月のマンスリー・レポート日本株

「不透明感の中、選別投資を重視」

今月のストックピック銘柄の詳細はこちら

【2019年6月の注目セクターと銘柄】

○5月は米中貿易摩擦が突然再燃し、世界の株式相場は急落した。中国の通信機器最大手ファーウェイに対する制裁問題を含め、6月28〜29日に大阪で開かれるG20サミットでの米中首脳会談(予定)まで膠着状態が続く可能性があり、6月相場も視界の晴れない展開が憂慮される。ただ、G20までに両首脳がこれまでのメンツ優先の対応から、徐々に現実的な(自国の景気や株価に配慮する)対応に切り替えようとするシグナルを互いに送るタイミングが少なくとも1度は訪れるとみられる。このため、6月相場は基本的に5月の急落から徐々に持ち直す展開を予想する。(隅谷 俊夫)

○5月の株式市場は、米中貿易摩擦の再燃もあり、内需関連中心の物色になった。今後、ニュース等で摩擦の縮小、解消に向かう動きが見られれば、輸出関連のリバウンド、本格反騰も期待されるものの、当面は内需中心の選別物色を想定し、日本M&Aセンター(2127)、住友不動産(8830)を選出。加えて業種面でディフェンシブ要素が強いエムスリー(2413)。さらに、輸出関連業種では、事業改革の奏功で好業績が見込まれる日立製作所(6501)を選出した。これらの銘柄に選別投資を行いたい。テーマでは、今後開催される国際イベントに関連して「ラグビーW杯日本大会が今秋開催」、「東京五輪控え、熱いサイバーセキュリティ対策」を掲載。(川又 信之)

日本M&Aセンター(2127)

詳細はこちら

「世界No.1のM&A総合企業」を目指す

M&Aへの需要が続く中、20/3期も順調な増収増益を見込む

株価は3,600円を目指す展開を予想。中長期的な戦略に注目

エムスリー(2413)

詳細はこちら

情報サイト「m3.com」で製薬会社の情報提供サービス等を展開

19/3期4Q好調継続、20/3期営業利益は会社計画を上回る見込み

株価は利益成長を評価して2580円を目指す展開を見込む

日立製作所(6501)

詳細はこちら

日立の強みを結集したLumada事業が成長の柱に

20/3期も過去最高の調整後営業利益を計画

業績回復期待から株価切り上げへ。20/3期予想PERは8倍台

住友不動産(8830)

詳細はこちら

足元の株価は、上昇トレンド回帰が期待される動きに

東京地区のオフィス賃貸が好況、業績けん引が続くと計画

7期連続の最高営業益更新計画から、株価水準切り上げに期待

今月のストックピック銘柄の詳細はこちら

本レポート及び記載の今月のストックピック銘柄は東海東京調査センターが作成し、東海東京証券株式会社が許諾を受けて提供いたしております。投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

過去のストックピックは「投資情報ルーム」から閲覧できます。

2019年厳選テーマと銘柄例〈’18年12月版〉

豊かな国づくり国内・外に向け“開かれた社会”へのパラダイムシフト次の日本をリードする新産業の育成値上がり益以外の株式投資の魅力(株主還元)

豊かな国づくり

1

2020東京オリンピック・パラリンピック

「世紀の祭典」の開催を起爆剤に、日本人の自信回復と力強い日本の再建を目指す

【建設、スポーツ、不動産】表の見方

コナミホールディングス
(9766)

4,855円  100株

日本航空
(9201)

3,934円 100株

アシックス
(7936)

1,421円 100株

住友不動産
(8830)

4,595円 100株

2

自然災害に強いインフラ再構築

「次の50年」を見据えた新たな社会インフラの構築

【道路、港湾等の老朽化対策、都市再開発、地方創生】表の見方

九電工
(1959)

3,640円 100株

東急建設
(1720)

893円 100株

熊谷組
(1861)

3,435円 100株

小松製作所
(6301)

2,694円 100株

3

2025大阪万博開催決定

万博サブテーマ「健康な生き方」関連、臨海部の再開発関連

【建設、ヘルスケア、関西関連】表の見方

大林組
(1802)

1,118円 100株

南海電気鉄道
(9044)

3,095円 100株

三井住友フィナンシャルグループ
(8316)

3,988円 100株

塩野義製薬
(4507)

6,837円 100株

国内・外に向け“開かれた社会”へのパラダイムシフト

4

働き方改革による日本企業・社会の活性化

少子高齢化・人口減少に対する有力な対抗策

【働き方改革、女性の消費力】表の見方

パーソル
ホールディングス

(2181)

1,863円 100株

アマノ
(6436)

2,433円 100株

ピジョン
(7956)

4,630円 100株

資生堂
(4911)

7,992円 100株

5

訪日外国人旅客の拡大と越境EC

観光立国に向けての制度整備と海外向けネット販売の強化

【ホテル、交通、医薬・化粧品】表の見方

ロート製薬
(4527)

2,978円 100株

東日本旅客鉄道
(9020)

10,710円 100株

名古屋鉄道
(9048)

3,030円 100株

ユニ・チャーム
(8113)

3,705円 100株

6

グローバル経済連携へ

保護主義、米中貿易摩擦に対し経済連携進める

【TPP11、日欧EPA】表の見方

ヤマトホールディングス
(9064)

2,900円50銭 100株

ANAホールディングス
(9202)

4,037円 100株

プリマハム
(2281)

2,082円 100株

ニチレイ
(2871)

2,773円 100株

次の日本をリードする新産業の育成

7

次世代自動車関連

電動化、自動運転化、ネットワーク化

【EV、次世代電池、センサーなど】表の見方

トヨタ自動車
(7203)

6,650円 100株

デンソー
(6902)

4,453円 100株

パナソニック
(6752)

969円70銭 100株

ソニー
(6758)

5,147円 100株

8

イノベーション(技術革新)

IT分野、バイオ関連など最先端を極める日本の技術

【AI、ビッグデータ、iPS細胞、ガン治療】表の見方

富士通
(6702)

7,649円 100株

SCSK
(9719)

4,930円 100株

小野薬品工業
(4528)

2,288円 100株

富士フイルムホールディングス
(4901)

5,096円 100株

9

生産の合理化、効率化

産業用ロボットやIoT、AIを利用した生産設備投資の需要

【産業機械、ロボット、IoT】表の見方

オークマ
(6103)

5,930円 100株

安川電機
(6506)

3,380円 100株

不二越
(6474)

4,470円 100株

三菱電機
(6503)

1,415円 100株

値上がり益以外の株式投資の魅力(株主還元)

10

配当金(一株当たりの配当金を表示しています)

三菱商事
(8058)

3,191円 100株

MS&ADインシュアランス
グループ ホールディングス

(8725)

3,341円 100株

キヤノン
(7751)

3,218円 100株

2018年3月期(通期)

110円

2018年3月期(通期)

130円

2018年12月期(通期)

160円

11

株主優待

株主優待検索情報はこちら

イオン
(8267)

2,326円50銭 100株

日清食品ホールディングス
(2897)

7,680円 100株

お買い物に使用できる優待券等

日清食品グループ製品の詰合せ等

※2019年3月18日現在の情報に基づいており、将来は異なる可能性があります。なお、株主優待の内容につきましては、最寄の支店へのお問い合わせ、あるいは当該企業の電子広告にて詳細をご確認下さい。

NISA(ニーサ)をご利用いただくうえでの留意事項

※この資料は、あくまでも株式投資のご参考のためにテーマと銘柄例を紹介することを目的として作成しており、特定の銘柄の購入を推奨するためのものではありません。投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
テーマ及び銘柄例につきましては、東海東京調査センターよりアドバイスを受けて東海東京証券にて作成しております。

※銘柄例に記載の株価は2019年3月18日終値の価格を用いており、実際の株価はこれらとは異なる可能性があります。従いまして、最低購入株数での購入価額がNISA口座の場合120万円(ジュニアNISA口座の場合は80万円)を超える場合、NISA口座(ジュニアNISA口座)で購入することが出来なくなる点についてご注意下さい。

※上記記載銘柄のうち最低購入金額が80万円以上120万円以下のものについては、NISA口座のみの投資銘柄例です。