商品・サービス等のお知らせ:2022年

2022年3月14日

東海東京証券株式会社

お客さま各位

「オンライントレード」セキュリティ強化のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。
2022年3月22日より、セキュリティ強化の一環としてオンライントレードの機能を以下の通り変更いたします。これにより、万が一ログインパスワードや取引パスワードが第三者に知られたとしても、被害の防止につながり、より安全に取引することができます。本内容は「オンライントレード」および「株式取引アプリ」に適用されます。

※都合により延期となる場合もございますのでご了承ください。

ログイン時の追加認証について

ワンタイムパスワードサービスをご利用でないお客さまが「オンライントレード」および「株式取引アプリ」へ初めてご利用する環境からログインする場合、ログイン認証後に「ログイン追加認証」画面が追加されます。当社へご登録されている「郵便番号」と「ご生年月日」を入力してください。

<初めてご利用する環境と判断される場合>
・同じパソコンやスマートフォンをご利用されていても、ブラウザが異なる場合(端末とブラウザ種類の組み合わせで判断され、組み合わせは10件まで記憶されます)。
・ブラウザのcookie削除を行った場合。
・「オンライントレード」で認証した組み合わせであっても、初めて「株式取引アプリ」でログインする場合。
・「株式取引アプリ」で認証した組み合わせであっても、初めて「オンライントレード」でログインする場合。
<ご留意事項>
・追加認証を複数回連続で失敗すると、ログインパスワードがロックされます。
ロックがかかった場合は、「WEBによるパスワード再設定」を行うか、カスタマーサポートセンターへご本人さまよりお電話ください。
・法人のお客さまは「郵便番号」のみご入力ください。
・「おかねのコンパス for TT」等の資産管理アプリに当社の口座をご登録されている場合は、自動的に情報の取得ができない場合がございます。

出金時のワンタイムパスワード認証の追加について

ワンタイムパスワードサービスをご利用中のお客さまが「オンライントレード」より出金を行う場合、「出金指示確認」画面で、従来の「取引パスワード」の入力に加え「ワンタイムパスワード」の入力が求められます。

<ご留意事項>
・ワンタイムパスワードサービスをご利用でないお客さまは従来通り「取引パスワード」の入力のみとなります。
・ワンタイムパスワード認証は、複数回連続で失敗してもロックされません。

ログイン時のワンタイムパスワードの省略について

ワンタイムパスワードサービスをご利用中のお客さまが「オンライントレード」および「株式取引アプリ」へログインする場合、ワンタイムパスワード認証が成功した環境において、次回以降のワンタイムパスワードの入力が省略されます。

<ご留意事項>
・ブラウザのcookie削除を行った場合は、再度ワンタイムパスワードの入力が必要となります。
・ワンタイムパスワード認証が成功した環境とは、端末とブラウザ種類の組み合わせで判断され、組み合わせは10件まで記憶されます。

今後とも、お客さまのご要望にお応えできる商品・サービスのご提供に努めてまいりますので、引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。

以上