証券用語集売出(うりだし)

既に発行された有価証券の売付の申し込みまたはその買付の申し込みの勧誘のうち、均一の条件で、50名以上の者を相手方として行なうもの。

用語の使用例

A社は、全株数の15%に相当する自己株式500万株を売り出すことを決議した。売出は、同社株式の流動性の向上を目的としている。

もっと知りたい!

「売出」とは、親会社や創業者といった大株主が所有する株式の一部を公募により同じ条件で50人以上の一般投資家向けに販売するもので、2つのパターンに分けられます。1つは、株式を新規公開(IPO)する際に、新規発行株と合わせて売り出すパターン。もう1つは、すでに上場している企業の大株主が、証券会社を通じて売り出すパターンです。後者の場合、東証2部市場から東証1部市場への昇格を目指すなど、株式の流動性の確保が目的となることが多いようです。

売出に関連する用語


他の用語を探す

注目の用語