かんたんダイレクトTOP
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合TOP
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

投資が初めての方 ライフイベントから投資を知る

<40代の投資>資産形成をめざす|投資がはじめての方(初心者)

働き盛りの年代

40代は、職場で重要なポストに就いたり、仕事で成果を上げたりするなど、働き盛りの年代です。人によってはマイホームを手に入れ、子供も徐々に大きくなり、塾や習い事など、教育にかかる費用も増えてくる頃でしょう。

仕事で責任ある立場となり、収入が安定する一方、プライベートでは住宅ローンや教育費が負担になるなど、支出が重なることから、なかなか資産づくりが順調に進まない時期かもしれません。

人生の折り返し地点

40代は、人生の折り返し地点でもあり、そろそろリタイア後の人生についても、考え始めなければならない時期に差し掛かっています。これまで20代、30代で資産形成に取り組み、ある程度、資産が積み上がってきた人にとっては、ゆとりの資金もでき、今後の資産運用の幅は広がっていくことでしょう。

例えば、これまでの積立投資を基本に、株式投資や投資信託などの金融商品を組み入れることで、収益性を高めていくという方法もあります。

バランス投資を心がける

ただし、その際に注意しなければならないのは、自らの金融資産をしっかり区分し、余裕資金を投資にまわすこと。近い将来、使うことが決まっているお金、例えば、子供の入学費用や車の買い換え費用、家の修繕費など、使う予定の決まった資金や、日常生活で何か必要が生じた時に使う生活資金は、しっかり確保した上で、余裕資金を投資に活用するようにしましょう。

資産づくりといっても、投資で収益性を求めればリスクも伴います。金融商品を選択する際は、安全性・収益性に配慮し、バランスよく配分することがポイントになります。

ライフイベントから資産づくりについて考えたい方はこちら

  • 投資リスクを抑えるなら分散投資 複数の資産に投資 ファンドラインアップ
  • 月々5000円から積立投資が可能 ファンド・ツミタテ (定期買付)

お困りごとはありませんか?

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
用語集で検索
投資の基本
金融経済の基本

キャンペーン

  • 冬のサンクスキャンペーン
  • 株式委託手数料優遇キャンペーン!
  • 信用取引金利優遇キャンペーン!
  • 12月・1月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン

注目の商品

  • 業界最低水準の買方金利 ダイレクト信用取引
  • 月々5000円から積立投資が可能 ファンド・ツミタテ(定期買付)