かんたんダイレクトTOP
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合TOP
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

<30代の投資>お金が必要になる|投資がはじめての方(初心者)

お金が必要になる年代

30代になると、仕事も年次を重ね、着実に収入が増える一方、結婚や子育てを経て、住宅購入が視界に入ってくるなど、何かとお金が必要になる年代です。

順調に資産づくりに取り組み、ある程度の資産が積み上がっている人がいる一方、すでに大きなライフイベントを済ませ、資産を使った人など、それぞれが歩んできたライフスタイルによって資産状況は大きく変わってくる年代でもあります。

貯蓄と並行して資産づくりに取り組む

30代で想定されるイベントとしては、就職・結婚・出産・育児・教育、そして住宅購入などが考えられます。なかでも、住宅購入を考え始める場合には、購入時のローンの借入金額を抑えられるように、頭金に充てる住宅資金を計画的に準備することも重要です。

貯蓄と並行して、余剰資金を活かした資産づくりに取り組み、住宅資金や教育資金の一部を賄うことも念頭に生活設計に取り組むことが大切でしょう。

資産を効率的に殖やすという視点

働き盛りのこの年代は、子供の教育や住宅購入、住宅ローンの返済等、支出も多くなりますが、子供と自らの将来を見据えて、しっかり蓄え・備えをすることも大切です。貯蓄する一方、安全性を重視した中長期的な資産づくりを心がけて、資産を効率的に増やしていく工夫を心がけましょう。

運用・投資に関する知識を身につけながら、徐々に実際の投資経験を積むことが、後々の資産づくりにも役立ちます。運用する場合も、目的や使う時期を考えながら、金融商品選びや投資のタイミングも一点集中ではなく、分散して投資することが大切。株と債券のように値動きの異なる商品を組み合わせ、長い目で見て全体のリスクを抑える工夫が必要です。

ライフイベントから資産づくりについて考えたい方はこちら

  • はじめての方でもあんしんのサポート 東海東京証券の7大ポイント
  • NISA 投資金額は 年間120万円まで非課税

お困りごとはありませんか?

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
用語集で検索
投資の基本
金融経済の基本

キャンペーン

  • 株式委託手数料優遇キャンペーン!
  • 信用取引金利優遇キャンペーン!
  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン

注目の商品

  • 業界最低水準の買方金利 ダイレクト信用取引
  • 月々5000円から積立投資が可能 ファンド・ツミタテ(定期買付)