かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

資本剰余金(しほんじょうよきん)

資本剰余金とは、設立後新たに株式を発行した時など資本取引によって発生する余剰金のことを言います。資本剰余金を構成する勘定科目は2つあり、ひとつ目である資本準備金は法定準備金のひとつであり、株式の発行価額の2分の1を資本準備金とすることができます。もうひとつの勘定科目であるその他資本剰余金は、資本金や資本準備金の減少差益や自己株式を処分した際の処分差益など、資本準備金以外のすべての資本取引から発生した剰余金から構成されます。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 冬のサンクスキャンペーン
  • 12月・1月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
  • 円建社債退職金特別プラン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング