かんたんダイレクトサービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 キャンペーン情報 スマートコンシェルジュに会話形式で質問
あんしん総合サービス トップ
サービス案内 商品案内 マーケット情報 投資がはじめての方 セミナー情報 キャンペーン情報 店舗案内 オンライントレード

かんたんダイレクトサービス かんたんダイレクトサービスは、スピーディに取引をされたい方にオススメ。現物株式の委託手数料が店舗と比べ割安です。

証券用語集

株式分割(かぶしきぶんかつ)

1株の株式をいくつかに分割して、発行済みの株式数を増やすこと。1株を5株に分割すると株式数は5倍になるが、理論上、1株の価値は5分の1になる。例えば、1株1000円の株式を5株に分割すると、1株保有していた人は5株保有することになるが、権利落ち後は1株が200円(1000円の5分の1)になり、資産価値は変わらない。一般的には、株式の流動性を高めるため使われることが多い。A社は、10月1日をもって1株を5株に株式分割すると発表。分割で投資に必要な最低金額を引き下げ、株式の流動性を高め投資家層の拡大を図る。IPO(新規株式公開)してから間もない企業、1単位の株価が高い企業、株式の流動性を高めたい(高める必要がある)企業などが、株式の分割を行ないます。仮に、分割1→2であれば100株は200株に増えますが、株価や配当は2分の1になります。理論上、会社の価値=時価総額自体は不変ですが、株式分割により多くの投資家が買いやすい価格になるメリットがある上、分割前の配当を据え置く場合には好材料となります。そのため、株式分割の発表は投資家の関心事になる場合が多いのです。

口座をお持ちでない方へ

  • 今すぐ口座開設する(無料)
  • 東海東京証券がはじめての方へ
東海東京証券の7大ポイント

注目のキャンペーン

  • 10月・11月の個人向け国債キャンペーン
  • NISA・ジュニアNISA口座での国内株式購入時手数料『0円』キャンペーン(平成29年度)
  • 東海地方応援キャンペーン
東海東京証券の特徴

外国債券

[売出債]

ファンドランキング